USN BUSHIPS ミリタリーウオッチ 修理 風防と電池の交換。

修理ブランドUSN 米海軍ミリタリーウオッチ

この時計はとある特殊工作部隊の水中爆破チームが使っていたとけいの復刻モデルです。気になった方はぜひ調べてみてください。

 

 

今回は電池交換と風防にヒビが入っているため交換依頼を受けました。

 

この時計はオリジナルはガラスの風防にケースの隙間に鉛を流し込んだものとなっていましたが、こちらは復刻版のため鉛を使用していないミネラルガラス製でした。風防が割れてしまっている場合は新しいものに交換します。

ドーム型ミネラルガラス製を交換BROOCH新潟時計修理工房 

腕時計の風防には大きく分けて三種類の素材が使われています。

 

1つ目はミネラルガラスです。一般的なと時計にはほとんどこのガラスが使用されています。ミネラルガラスは加工をしやすいためほかの素材と比べるとコストが引くという長所がありますが、衝撃に弱く傷がつきやすいうえにひびが一気に広がるというデメリットがあります。しかも割れた場合細かい破片が大量に散らばるので注意が必要です。

 

 

2つ目はサファイアガラスです。サファイアガラスは人口の合成サファイヤを使っています。サファイヤのモース硬度は9ダイヤモンドに次いで硬い物質であるサファイヤは多くの高級時計のガラスにも採用されています。本来はとても固く、ちょっとやそっとぶつけたりこすったぐらいではまず傷がつくことはありません。しかし、そんな無敵のサファイアガラスでも破損してしまうことがないわけではありません。一点に強い衝撃を受けると傷がついたり割れることがあります。また、その頑丈さゆえに加工が難しいため破損して交換する際のコストもかなり高くなってしまいます。

 

三番目は古き良きアクリル風防です「プラスチック風防」、「有機ガラス」ともいわれています。その名の通り、樹脂でできているため加工の難易度も低くとても軽いうえに、プラスチックの弾性を生かせば薄く加工したとしてもあまり割れないのが長所です。しかし、あくまでプラスチックなので長年使用しているとどうしても細かい傷がたくさんついてしまいます。また、紫外線を多量に浴びれば黄ばみができてしまいます。当店はこのアクリル風防の傷を小さいものに限りバフモーターで研磨することにより消すことができます。先ほどプラスチック風防は安価なものであると説明しましたが、実は昔のロレックスなどの風防に使われていた時代もあります。安価だからと侮ることなかれ!

 

これはすべての種類の時計に言えることですが、風防が割れてしまったり日々が入ったりしてしまったときに絶対に傷つけなければならないことが一つだけあります。それは水分の侵入です。割れたりひびが入ったところに隙間が空いてしまうわけですから当然湿気も入ってきます。もしそうなってしまえば時計のガラスが曇ってきたりムーブメントの部品がさびてしまったりすることもあります。

 

あれ?これはどうなのかな?というような状態になった際にはなるべく早めにBROOCHへお持ちください。BROOCHでは専門の技術者が適切にメンテナンスさせていただきます。

 

 

電池交換+風防交換 料金 ¥5.000