Cartierのオーバーホール、ケース&ブレスポリッシュのご依頼です。

修理ブランドCartier カルティエ

今回は、Cartierのオーバーホール、ケース&ブレスポリッシュのご依頼です。

「長針、短針のうごきが気になる。」とのことで、オーバーホールしていきたいと思います。

オーバーホールというのは、単に分解し汚れを除去するだけではなく、分解と同時に、歯車の状態やゼンマイ・バネ・ネジに至るまで破損がないか診断し、油切れによる摩耗、擦れ跡など入念にチェックします。

パーツに破損が無い限りは基本的に元のパーツをそのまま使い、異常が見当たらなければ、組み直して行くのですが、その際に時計内部で負担のかかる箇所、例えば、常に動き続けるゼンマイ、テンプ。パーツとパーツが接触する部分など。こういった箇所ひとつひとつに油を指していきます。細かな調整をくりかえし、全パーツが組み上げ、時計内部に油が浸透した時、その時計は正確に時を刻み始めます。

機械式の時計は定期的な手入れをすれば一生ものであると言われています。もしお使いの時計に不調が出ましたら是非とも、一度ご相談にいらしてください。

今回はポリッシュのご依頼も頂いたので、ポリッシュ加工も施します。

まずはケースのポリッシュですが、今回のカルティエ タンクという時計は、直線的な作りなのでサテン仕上げのズレに注意しながらポリッシュします。

側面の鏡面仕上げ、全面のサテン仕上げ、とても綺麗に仕上がりました。

続いてブレスレットを磨いていきます。

こちらは、磨き前の状態ですが、無数の傷が目立ち両脇の鏡面部分は光を失っています。。

こちらのブレスレットを新品のように、どれだけ近づけられるか、我々の腕の見せ所です。

基本的にはバフモーター

という機械を使い、磨いていくのですが、ズレたり凹凸が出来たりすると綺麗な仕上がりとは言えなくなるので、集中力を高めて作業します。

まずは、硬めのフェルトバフで全体のキズを取り除きます。この時の傷の取り具合がこの後に繋がっていくので大事な一段階目です。

あまり深い傷を追ってしまうと、形状自体が変わってしまう恐れがあるのでバランスも見ながら慎重に研磨していきます。

二段階目は、少し硬さを落とし、柔らかめのフェルトバフで磨いていきます。

この段階である程度の光沢を出します。この時、表面に凸凹が出ないよう注意しながら研磨していきます。

最後に、布バフで鏡面に仕上げます。バフの回転を上げ一気に仕上げます。

サテン仕上げはバフモーターの一番右にあるスポンジバフという筋の付くバフを使用します。斜めに筋が入らないように気を付けながらサテン加工を施していきます。この作業で鏡面仕上げとの綺麗なコントラストが決まるので重要な作業になります。

仕上がりがこちらです。

無数にあった傷も消え、鏡面加工とサテン加工の綺麗なコントラストが仕上がりました。

今回のご依頼は、オーバーホール&ポリッシュでしたが当店では電池交換、コマ調整、バンド交換など様々な修理を承っております。

機械式の時計は定期的な手入れをすれば一生ものであると言われています。もしお使いの時計に不調が出ましたら是非とも、一度ご相談にいらしてください。

オーバーホール料金 ¥30,000(税別)
ポリッシュ料金 ¥10,000(税別)