GUCCI ケース&ブレスポリッシュのご依頼です。

修理ブランド

今回は、GUCCIのケース&ブレスポリッシュのご依頼です。

GUCCIといえば、前述しましたが、世界で初めてデザイナーの名前入りの商品を販売したブランドの元祖とも呼ばれています。品質保証の為、デザイナー自身の名前をブランド名にするあたりに自信と技術力の高さを伺えます。

時計分野においても、1972年ファッションブランドとして初の時計分野に進出し、ファッション界を牽引してきました。グッチ ウォッチは一貫してスイスメイドであり、クオリティの高いコンポーネントを使ったスイス時計製造技術の伝統、グッチならではのディテール、そしてイタリアの優れた技の融合により、40 年を超えるウォッチメイキングの歴史を誇るブランドへと成長しました。今や、グッチ ウォッチは高いクオリティの代名詞であり、ウォッチ業界に斬新で革新的な視点をもたらしています。

今回お預かりした時計も、余計な事は一切せず、シックでエレガントに作られていて、このディテールを崩さぬように、磨きの作業にも熱が入ります。

GUCCI グッチ ケース、ブレスポリッシュ、外装磨きは新潟市 万代バスセンター2FBROOCH ブローチ時計修理工房におまかせください!

 

一見そこまで傷ついていないように見えるこちらのケースも、磨きをかけると、

この様に輝きを取り戻します。

ポリッシュ作業は、基本的にバフモーター

という機械を使い、磨いていくのですが、時計のケースは直線が少なく、ブレスレットに比べると複雑な形状をしているので、細かい部分などは手作業で仕上げたりします。ズレたり凹凸が出来たりすると綺麗な仕上がりとは言えなくなるので、集中力を高めて作業します。

 

まずは、硬めのフェルトバフで全体のキズを取り除きます。この時の傷の取り具合がこの後に繋がっていくので大事な一段階目です。

あまり深い傷を追ってしまうと、形状自体が変わってしまう恐れがあるのでバランスも見ながら慎重に研磨していきます。

二段階目は、少し硬さを落とし、柔らかめのフェルトバフで磨いていきます。

この段階である程度の光沢を出します。この時、表面に凸凹が出ないよう注意しながら研磨していきます。

最後に、布バフで鏡面に仕上げます。バフの回転を上げ一気に仕上げます。

次はブレスレットのポリッシュ加工です。

こちらのブレスレットは無数のキズとヘアライン仕上げ、鏡面仕上げの差があまりないのは一目瞭然ですね。上記の通りバフモーターで磨いていきます。

ここで注意しなければいけないのが、フェルトバフで傷を取る際に、真ん中のコマの角を減らさないように気を付けなければいけません。角が丸くなってしまうと、本来のディテールが崩れ、締まりのない仕上がりになってしまいます。

角を丸くしてしまう事のなく、ヘアライン仕上げと鏡面仕上げのコントラストも出て、綺麗に仕上がったのではないでしょうか。

当店では、オーバーホール、外装磨き、ベルト交換、ベルトの長さ調整(穴あけなど)、磁気抜き、水入り(ガラスの水滴)の除去・乾燥などの各種修理も承っております。また、破損した部品のお取り寄せして交換させていただくことも可能です。
ご使用の時計に何かありましたら新潟市紫竹山のbrooch(ブローチ)時計修理工房へお越しください。

 

ポリッシュ加工料金 ¥10,000(税別)