カルティエ(Cartier)修理 オーバーホール

修理ブランドCartier カルティエ

カルティエ タンク レディースをオーバーホールしました。

カルティエの一番人気であり、フラグシップと言えばコレ!

第一次大戦下で、パリを占領していたドイツ軍を一掃したというルノー社製の戦車―タンク―をモチーフにして、1919年に当シリーズを生み出しました。戦車の轍(わだち)のようなスクエアフォルムが特徴的です。

戦後、再びパリに華やかな雰囲気が戻ってくると、女性たちはオシャレをより楽しむようになり、そういった背景も手伝ってかタンクは女性のための腕時計といった地位を確立していくようになります。

この歴史からもわかるように、タンクはなんと2019年で100周年!
この100年の中で、様々な様式を取り入れた派生モデルが生み出されてきており、いずれも安定した人気を誇ります。例を挙げて行きますと、まるでジュエリーアクセサリーのような、ケース・ブレスレットが特徴的な「タンクフランセーズ」。厚みを抑えたフラットなケース・ブレスレットが非常に上品な「タンクソロ」。

そして2012年に新たにタンクシリーズに加わり、瞬く間に定番入りを果たした「タンクアングレーズ」。
アングレーズはフランス語でイギリス風を指し、独特のラインやリューズを包み込むようなケースが特徴的ですね。

ちなみに女優の米倉涼子さんが某ドラマでかっこよく着けこなしていたところを見て、タンクアングレーズの良さを再認識したものです。

このように、様々なシチュエーションに合わせたものが多い個性的な「タンク」シリーズは、女性の魅力を最大限に引き出すおしゃれアイテムといえます。

電池交換依頼で、電池交換で時計は動きましたが、オーバーホールをお薦めしました。

クォーツ時計がオーバーホールしなければならなくなる原因の一つが、バッテリーからの漏液です。今回のケースがまさにそれでした。
上の写真は、バッテリーの漏液が原因でマイナス端子がカビが生えた様になってしまっています。
これはまだ腐蝕の初期段階だったので大事にはなりませんでしたが、もっと時間がたっていたら腐蝕が進みムーブ交換が必要になったかもしれません。
皆さんも、バッテリーが切れたらすぐに時計修理店へ持って行った方が良いです。
こんな感じで完成しました。
時計は機能としてみた場合は、簡単に携帯できる便利な時計としての立ち位置でした。
しかし、時計の技術が進歩していく中、腕時計は今や、身に着ける者のイメージを形作る重要な「アクセントコーデ」のアイテムという地位も確立しています。
お客様の魅力をもっとひきだすためにも、今まであまり時計に関心がなかった方々が、一度時計に興味を持っていただけるようになる事を、私たち時計技師は願っています。
オーバーホール ¥27,000(税別)