チュードル(tudor)のオイスターデイトのオーバーホール 修理

修理ブランドTUDOR(チュードル)

今回はチュードルオイスターデイトのオーバーホールをしていきます。

手巻き式オイスターデイト

チュードルのオイスターデイトの中でも手巻き式のモデルです。
文字盤のエンブレムにはチューダー家の家紋をもとにしたチューダーズローズが刻まれています。インデックスは今では少し珍しい楔型を採用し、ケースと裏蓋はロレックスと共通のものが使われています。さらに、リュウズと裏蓋にロレックスのクラウンを持ちます。

チュードルのオイスターデイトのオーバーホールをするならブローチ時計修理工房

オーバーホール(分解掃除・点検)

機械式の時計はクオーツ式と比べると圧倒的に歯車が多く、部品にかかる負担もかなり大きくなっています。これはゼンマイのトルクが強いためです。そのため、油の摩耗も早く、部品から大量の汚れが発生します。こういった汚れは部品同士の摩擦を増加させ、負担をかけます。あまりにも負荷か大きいと歯車が欠けてしまったり、摩擦熱で変質してしまう危険性もあります。これらはオーバーホールで取り除くことができます。

オーバーホール(分解掃除)というのは、単に分解し汚れを除去するだけではなく、時計機械の故障箇所所を診断し、修理することも担っております。

分解と同時に、歯車の状態やゼンマイ・バネ・ネジ(クオーツ時計の場合はインシュレーターや回路の動作チェックなど)に至るまで破損がないか診断し、油切れによる摩耗、擦れ跡など入念にチェックして修理します。パーツに破損が無い限りは基本的に元のパーツをそのまま使います。

 

異常が見当たらなければ、洗浄しクリーニングしたパーツを組み直して行くのですが、その際に時計内部で負担のかかる箇所、例えば、常に動き続ける輪列、パーツとパーツが接触する部分。こういった箇所ひとつひとつに油を指していきます。油は大きな力がかかる箇所ほど重い油を、動作が早いところほど軽い油を注していきます。細かな調整をくりかえし、時計内部に油が浸透していき、全パーツが組み上がった時、その時計はオーバーホールが完了し正確に時を刻み始めます。時計が組みあがった後は数日かけて、入念な動作チェックをしていき、問題がなければ完成です。

 

機械式の時計は定期的な手入れをすれば一生ものであると言われています。もちろんクオーツ時計も定期的なメンテナンス手入れをすれば二世代、三世代と世代を超えて受け継いでいくことも可能です。もしお使いの時計に不調が出ましたら是非とも、一度ご相談にいらしてください。

 

ブローチ時計修理工房ではオーバーホール、ポリッシュ加工だけではなく、電池交換・コマ調整・バネ交換など、時計修理全般承っております。

 

BROOCH時計修理工房 紫竹山店 新潟県新潟市中央区紫竹山3丁目8-33 TEL 025-246-0007

BROOCH時計修理工房 万代シティ店 新潟県新潟市中央区万代1丁目6−1 シティバスセンタービル 2F TEL 025-246-0007