BROOCHブローチ時計・宝石修理工房 > WALTHAM ウォルサム > ウォルサム(WALTHAM)懐中時計のオーバーホール

ウォルサム(WALTHAM)懐中時計のオーバーホール

修理ブランドWALTHAM ウォルサム

今回紹介するのは、ウォルサム(WALTHAM)懐中時計オーバーホールです。また、針も外れてしまっていたため、針の取付も行いました。もちろんオーバーホール料金の中で作業させていただきます。

ウォルサム(WALTHAM)懐中時計のオーバーホール
こちらの時計はお祖父様の形見だそうです。お家の棚を掃除をしていたら出てきてせっかくなら動かしたい、とお越しくださいました。
ウォルサム懐中時計を形見として引き継がれる人生、なんて素敵なんでしょうか。自分もその日、僅かな希望を胸に家中の棚をひっくり返して探しましたが、ウォルサムの懐中時計は姿を現しませんでした。

ウォルサム(WALTHAM)懐中時計のオーバーホール

個人的な話で恐縮ですが、懐中時計で好きなブランドと言われると私は真っ先にウォルサムが思い浮かびます。
フェイスや内部の作りは、細かな拘りと意匠性に満ち溢れていて、これぞ時計という洗練された印象を持ちませんか。こちらの時計もインデックスや長剣短剣のブレゲ針がなんとも品のある高貴に見えます。

ウォルサムとは

ウォルサムとは、ウォルサム・ウォッチ・カンパニー(Waltham Watch Company)という正式名称で、懐中時計が有名なアメリカ最古の時計ブランドです。創業は1850年まで遡ります。
多くの業績を残していますが、中でも評価されているのは時計の量産化です。パーツの交換可能なシステムを採用した高性能ムーブメントの機械生産開発(アメリカンシステムと呼ばれるオートメーション化)に初めて成功し、時計作りに大きな進歩をもたらしました。その後もウォルサムは時計作りの基礎や世界的基準となる技術を数多く生み出し、これらの輝かしい功績は現在でも時計作りに欠かせぬものとして広く知られています。

オーバーホールと針の取付

ウォルサム(WALTHAM)懐中時計のオーバーホール

オーバーホールと針の取付を行いました。
こちらの懐中時計はムーブメントのシリアル番号より、1930年前後に生産された時計と推測されます。誕生して90年経過した時計は、メンテナンスをすることで再び良好に時を刻み始めました。
かつてはお祖父様も同じように時刻を確認していたんだと思うと、特別な思いがこみ上げてきますね。

ウォルサム(WALTHAM)の懐中時計修理はBROOCH時計修理工房へお任せください

ブローチ時計修理工房ではオーバーホール(分解掃除)ポリッシュ加工(外装磨き)だけではなく、電池交換・コマ調整・バネ交換・バンド交換などの作業などありとあらゆる修理・作業を承っております。
大切な人から頂いた時計、思い入れのある時計、お使いの時計に不具合等ありましたら、是非一度ブローチ時計修理工房へお越しください。ご相談だけでも承っております。

オーバーホール¥27,500(税込)

運営会社について

閉じる