タグホイヤー 修理 オーバーホールとポリッシュ。

修理ブランドTAG Heuer タグ ホイヤー

タグホイヤー カレラ(自動巻)のオーバーホールとポリッシュでお預かりしました。

「不具合はないが、購入してから7・8年たつので、オーバーホールをお願いしたい。」という依頼でした。BROOCHはタグホイヤーの正規販売店です。基本的にBROOCH似て販売させていただきましたタグホイヤーはエドワードクラブを通して正規メンテナンスをお勧めしておりますが、稀に海外で購入されたのか非正規のタグホイヤーの修理をお持ち込みになるお客様も多くいらっしゃいます。正規販売店で修理をお断りされた腕時計もBROOCHにお任せください。どんなものでも直してしまいます!

さて、ホイヤーのシンプル3針モデルの代表格カレラのオーバーホールとケース(腕時計の外装の事を指します)のポリッシュです。

スイスの人気時計メーカーの「タグホイヤー」ですが、こちらのメーカーが販売している人気モデルの「カレラ」。タグホイヤーといえば「カレラ」を想像する方が多いのではないのでしょうか?

「カレラ・ラ・パンアメリカーナ・メキシコ」という歴史的なレース名からインスピレーションを受けて誕生した「カレラ」は、タグホイヤーで最も歴史があり、

1963年から55年間も続くシリーズです。

メディアで取り上げられる事が多いカレラ(通称ホイヤー01)と肩を並べて人気なのが、

「カレラ デイデイト」

「カレラ デイト」

通称「カレラ3針」です。

数あるモデルの中でカレラ3針の良さは、「総合力の高さ」にあると思います。

価格面、機能性、

メンテナンス性、ブランド力。

どこの面をみても高いです。

あらゆるデザインの中から

自分好みのモデルを選ぶことができ、

決して品質を下げることなく、

磨き上げられたカレラ3針。

それでいて高いメンテナンス性。

就職や昇進、結婚、出産といった人生の節目、

春からの新たなスタートに向けて、

腕時計を買われるという方も多いと思います。

そんな人気シリーズであるカレラ3針モデルは、それだけ多くのお客様が修理の持ち込む機会の多いモデルです。

 

上二つの画像はポリッシュ作業をする前と実際に作業を行ったものになります。

磨く前のケースは、細かいこすったようなキズが付いてしまっているのを、ライトを当てたことでよりハッキリと確認できました。

しっかり丁寧にポリッシュすることで、キズのない美しい曲面が見えてくるように!

メタルバンドとクラスプもキズが目立ちますので、こちらもしっかり磨いて行きます。ポリッシュ作業の後に一方向に磨き、細かいキズを施す加工をします(この加工を「ヘアライン加工」といいます)。

お客様のお気に入りの時計も、定期的なメンテナンスをしたいとお考えになりましたら、是非一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

オーバーホール料金 ¥27.000

ケース・ブレス ポリッシュ料金 ¥10.000

¥(税別)