BROOCHブローチ時計・宝石修理工房 > ブログ > 蒲田店 > 【東京蒲田・時計修理工房】時計修理を行う前の問診について
スタッフブログ

こんにちは!BROOCH時計修理工房蒲田店です。
ブログをご覧いただき、ありがとうございます!

今回は時計修理を行う前の問診について説明させていただきます!お客様から時計をお預かりをする前に問診をさせていただいているのですが、どんな意味があるのか今回はお話していきます。
まずは問診とは何なのかについてお話します。問診とは、お客様の大事な時計をお預かりする前に購入年数や電池交換・オーバーホール歴、止まった日にちなどを質問し時計の体調(状態)をチェックすることです。そうすることで、止まってしまった原因が大体わかってきます。

例えば、電池が止まってから2年放置している時計をお預かりするとします。この場合は、漏液を起こしている可能性が高いです。電池交換を行ったが時計が動かない場合は、通常だと他の原因を探さないといけません。ですが問診を行うことで、漏液により中の機械が錆びてしまっているのではないかといった原因が考えられます。

ですので、時計修理でお預かりする前は、作業を円滑に進める為・より良い状態でお客様に時計をお返しする為に問診を行っております!

問診は必要のない作業にも見えますが実は大事な作業の一つです!

運営会社について

閉じる