BROOCHブローチ時計・宝石修理工房 > ブログ > 蒲田店 > 【TAG HEUER】時代が必要とする時計と個性的なデザインを生み出すブランド
スタッフブログ

こんにちは、ブローチ時計修理工房 蒲田店 32です。

私が、ここで働き始めて早3か月ほど経ちますが、まだまだ勉強の日々です。先日、タグホイヤー セルシリーズのオーバーホールのご依頼を頂きました。その際に先輩スタッフから「このシリーズのベルトは、人の背骨を模していて今はもう生産されていないが、とても人気なシリーズ」と教えていただきました。いいきっかけを頂きたので今回のブログはタグホイヤーについてにしたいと思います。タグホイヤーのホームページに載っているタグホイヤーの歴史って皆様ご覧になったことはありますか?

凄い仕掛けがあるんです!!!私 32は、大はしゃぎしてしまいました。是非、覗いてみてください!

時代の流れが必要としている時計を生み出し続けるブランド

新潟で時計修理オーバーホール時計電池交換をするならBROOCH時計修理工房 タグホイヤーWG1220-KOのムーブメント交換

タグホイヤーは、一昨年創業160周年を迎えた歴史ある高級時計ブランドのひとつです。「ファミリーリーダーシップ」と「技術革新」を基盤として創業当時、わずか20歳という若さでタグホイヤーの前身である「エドワード・ホイヤー・ウォッチ」を設立したドイツ系スイス人のエドワード・ホイヤーは、当時主にシルバーで懐中時計を生み出していました。その数年後、リューズによる巻き上げ機構で最初の特許を取得しました。20世紀への移行と同時に様々な分野で「技術革新」が注目され、時計業界でも更なる精密さと正確さを求めらる時代へと移り変わりました。飛行機や自動車での移動も本格的になってきたこの時代に、彼らは、ダッシュボードに取り付けられる計器や、20秒間心臓の鼓動を数えるだけで患者の心拍数が測れる医師のための時計、スポーツ競技で求められていた高精度のストップウォッチなど、時代の流れに沿ったものを生み出し続けてきました。

実体験をもとに生み出された時計

新潟で時計修理オーバーホール時計電池交換をするならBROOCH時計修理工房 タグホイヤー カレラ クロノグラフ CAL1887のオーバーホール&ポリッシュ

タグホイヤーで特に人気を博している【カレラ】。カレラ誕生エピソードはとても有名かもしれませんが、ご紹介したいと思います。現名誉会長である、ジャック・ホイヤー氏は、自身で参加するほどのラリー好きですが、24歳の時それは起こりました。当時参加したラリーで首位を走っていましたが、ダッシュボード内がしっかり見えなかったことが原因で3位に順位を落としてしまいます。ダッシュボードが見えないと、時間は勿論、現在の速度や走行距離も分からなくなってしまいます。ラリーの大会だけでなく、普段の車運転でも重要なところですよね。それがきっかけの一つとなり、ホイヤー社は視認性に重きを置き、「一瞬一瞬の選択で人生の勝利が決まる」の理念に忠実に、理想を追求し、必要な要素だけに絞り、視認性に優れた、とても見やすく洗礼されたカレラの文字盤が誕生しました。いまでは、プロレーシングレーサーにも愛される時計のひとつです。レースや競争という意味を持つ【カレラ】ですが、他にも経歴、道などの意味もあるそうです。

私が今回ブログにしようと思ったきっかけのセルシリーズは、1987年に誕生し、重厚感のあるケースと冒頭でも書かせていただきましたが【人間の背骨】から着想を得たデザインをブレスに取り入れた個性的なシリーズです。リンクシリーズが後継となり今も受け継がれており、どちらも今もなお愛されているシリーズです。

まだまだ、たくさんのブランドがあり、一つを開くとそこからまたシリーズ・モデルで枝分かれしていく時計の奥の深さ。

次回は、どのブランドを開こうか迷ってしまいます。みなさまが素敵な一本と出会えますように。


蒲田店の外観

BROOCH時計修理工房では、タグ・ホイヤーを始め、高級腕時計のオーバーホール(分解洗浄)、ポリッシュ加工(ケース・バンド)外装磨き電池交換、コマ調整、バネ交換、バンド交換など、ありとあらゆる修理・作業を承っております。
また、修理だけでなくアンティークウォッチの販売、革ベルトの販売、ベルトオーダーなどの販売も行っております。
ベルト交換やアンティークウォッチの購入の際はBROOCH時計修理工房までお越しください。
大切な人から頂いた時計、思い入れのある時計、お使いの時計に不具合等ありましたら、是非一度ブローチ時計修理工房へお越しください。
ご相談だけでも承っております、お気軽にご相談下さい。

運営会社について

閉じる