BROOCHブローチ時計・宝石修理工房 > ブログ > 神戸三宮店 > 【神戸三宮店】 Cartier ミスパシャ
スタッフブログ

Cartier ミスパシャ

◾️ケースサイズ:27mm

◾️文字盤カラー:ピンク

◾️ケース・バンド素材:ステンレススチール

◾️機械:クォーツ

 

Cartierといえば「サントス」や「タンク」といった四角型の時計が多い印象ですが、「パシャ」は腕時計としては一般的な丸型時計です。

四角型と比べ、より女性らしく華やかな印象に映ります。

 


 

【Cartierパシャの歴史】

Cartierは1930年代、モロッコの都市マラケシュの太守(パシャ)であったエル・ジャウイ公が

「プールで着けられる腕時計を作ってほしい」と Cartierに依頼したことをきっかけに制作を始めました。

1931年に角形防水時計を開発、これがパシャのコンセプトとなりました。

ラウンド型ケースにリューズガードが付けられたパシャの象徴的なデザインは、1943年に発表されたモデルが原型とされています。

1985年に、私たちがよく知る「パシャ」のデザインが発表されました。

発売当初はメンズ向けという印象が強かったものの、段々とレディース向けにシフトしていき、

2009年には女性向けの「ミスパシャ」が発表されました。

 

ミスパシャは、その洗練されたデザインとコンパクトなケースサイズで、女性たちの心を捉えてきました。

ですが、2020年にCartierが発表したパシャドゥカルティエのコレクションの中にミスパシャは含まれていません。

女性の間から爆発的な人気を得たミスパシャは10年という短い期間で惜しくも生産終了してしまったのです。

 

ミスパシャのケースサイズは27mm。

Cartierで現行販売されている中で、一番小さいサイズのパシャは30mm。

現行モデルはミスパシャに比べ、一回りから二回りほど大きく、存在感がありますが、華奢な女性に似合うのはミスパシャで間違いないでしょう。

また、ここ数年何度も価格改定をしているCartierですが、更に2024年5月に値上げを実施しました。

正規で新品で購入しようと思うとなかなか手が出ないという方も多く、サイズ感、価格帯も含め中古市場の人気はどんどん高くなっています。

 

見かけた時が買い時のヴィンテージウォッチ。

現在発売中の商品は「三宮店」およびアンティーク時計サイトにて販売しております!

ご試着だけでも大歓迎です!是非ご来店ください🎵

 


BROOCH時計修理工房

BROOCH時計修理工房では、アンティークウオッチ販売オーバーホール(分解洗浄)は、ポリッシュ加工(ケース・バンド)外装磨き電池交換、コマ調整、バネ交換、バンド交換など、ありとあらゆる修理・作業を承っております。大切な人から頂いた時計、思い入れのある時計、お使いの時計に不具合等ありましたら、是非一度ブローチ時計修理工房へお越しください。ご相談だけでも承っております、お気軽にご相談下さい。

閉じる