BROOCHブローチ時計・宝石修理工房 > ブログ > 神田店 > 腕時計の時刻調整・日付変更禁止時間帯について
スタッフブログ

こんにちは!
ブローチ時計修理工房神田店のスタッフNです。
みなさま腕時計の時刻合わせをご自身でされた経験があると思うのですが、カレンダー機能(デイト/デイデイト)が搭載されている腕時計において日付変更禁止の時間帯があります。

時刻合わせ

時計屋さんの時刻調整をご紹介します(日付無しクオーツ)【ブローチ(BROOCH)時計修理工房 神田店】

まずは、時刻合わせのおさらいから参ります。
1,秒針が12の位置にあった時にリューズを引き、秒針を止めます。
2,リューズを時計回りに回して、時刻を調整します。
※この際、腕時計の駆動方式(電池式クォーツ時計・機械式腕時計)によって調整の仕方が異なります。
3,時報と同時にリューズを押し込んで、時刻合わせは完了です。

カレンダー合わせ


通常、日付時計の表示は31日周りとなっています。
小の月(2,4,6,9,11月)の場合、翌月の1日に日付修正が必要になりますので、年に5回、日付の調整が必要になります。
腕時計の日付は24時間で1日変更されるように作られています。
しかし、腕時計は12時間表示ですので、今指している針の時刻が午前なのか午後なのか、見ただけではわかりません。
その点に注意しつつ、カレンダー合わせの手順に参ります。

1,リューズを一段階引き出します。ダイバーズウォッチなど防水性能があるねじ込み式リューズタイプの腕時計の場合は、リューズを手前に回し、ねじをゆるめてリューズを一段階引き出します。

2,リューズをまわして合わせたい日の前日の日付にセットします。

3,秒針が12時の位置に合わせて、リューズを二段目まで引き出します。そして、今日の日付になるまでリューズをまわして針を進めます。

4,午前/午後を間違えないようにリューズをまわして時刻を合わせます。電池式クォーツ時計の場合
電池式クォーツ時計の場合、ムーブメントの構造上、「時刻修正機構」を構成する複数の歯車の間に一定の隙間が必要になりますので、分針を正しい時刻よりも4~5分進めてから、逆に戻すようにして時刻を合わせます。(この方法を逆針合わせといいます。)
機械式時計の場合
機械式時計の場合は、分針を5~10分手前にしておき、そこからゆっくり進めて正しい時刻にあわせます。
5,時報と同時にリューズを0段目まで押し込んで完了です。
ねじ込み式リューズタイプの腕時計の場合は、リューズを押し付けながら時計回りに止まるところまでねじ込んでリューズを閉めます。

日付変更禁止時間帯TOMMY HILFIGER腕時計の時刻合わせの様子です。

こちらはTOMMY HILFIGERの腕時計の時刻合わせの様子です。

その時間帯というのは、腕時計上の時刻の午後9時~午前4時の間の時間帯です。
というのも、この時間帯は、腕時計内部のカレンダー板の歯車と時間表示の歯車が嚙み合っている時間なのです。
もしこの時間帯に無理やりリューズを回して調整すると、歯車が欠けてしまう可能性があります。
なので、ご自身で時刻合わせや日付を修正される際はくれぐれもお気を付けください。

 

もし、お客様自身で時間や日付の調整を行っている時に「間違った方法で合わせてしまった…」と感じられた際は、それ以上の操作を行わず、ブローチ時計修理工房へご相談くださいませ。

当店では、電池交換オーバーホール等、多くの修理を承っております。
その他時計に関するお困り事がございましたら、ブローチ時計修理工房神田店までお問い合わせください。
お待ちしております。

運営会社について

閉じる