BROOCHブローチ時計・宝石修理工房 > ブログ > 阿佐ヶ谷店 > ロレックスの姉妹ブランド?チューダーは廉価ブランド。「阿佐ヶ谷(ブローチ)時計修理工房」
スタッフブログ

ロレックスの廉価ブランドとして誕生したチューダー

チューダー(TUDOR)は1930年代にロレックスのディフュージョンブランドとして誕生しました。
創立者はロレックスの創始者ハンス・ウィルスドルフ氏。
ディフュージョン
ブランドとは普及を目的とし、
知名度の向上や販売の拡大の為につくられた「廉価
ブランド」のことです。
当時ロレックス本社のあったイギリスでの市場拡大を目的に「一般庶民」向けに作られたブランドがチューダーでした。

チューダー

チューダーというブランド名はエリザベス1世を輩出したイギリスの王家の一つ
「チューダー家」にちなんだものです。誰もが知っている王家の名前をブランド名にすることで、
イギリス庶民に親しまれるブランドとして定着させることが狙いでした。
この点からもチューダーがイギリスでの展開を意識したブランドということを感じ取ることができます。
思惑通りチューダーはロレックスの普及モデルとして、
イギリスの一般庶民に受け入れられ、知名度をどんどん上げていきます。

tudor

tudor

また、サイズバリエーションやカラーバリエーションといった豊富なラインナップを取りそろえたブランドでもあります。チューダーはロレックスの普及モデルというイメージが強く、実際に1970年以降にロゴモチーフが薔薇から盾モチーフとなった後はロレックスの普及モデルとしての売り出し方が強くなります。
特にモデル名が同じ「サブマリーナ」は、チューダー・サブマリーナと呼ばれ、ロレックス・サブマリーナと見た目ほぼそっくりなモデルとして有名です。

サブマリーナ以外にも「チューダー:レンジャー/ロレックス:エクスプローラー」「チューダー:オイスタープリンス/ロレックス:オイスターロイヤル」といったロレックスとデザインが似ているモデルがチューダーには数多くあります。外観はほぼロレックスなので、時計に詳しくない人が見ればロレックスの時計だと勘違いしてしまうかもしれません。

何故チューダーは価格がリーズナブルなのか?
パーツのほとんどをロレックス製で作られているチューダーですが、
なぜここまで低価格が実現できたのでしょうか。
その秘密は内部のパーツ、つまり「ムーブメント」に隠されています。
ムーブメントはスイス製ETA

tudor


ロレックスのムーブメントはマニュファクチュールとして自社製を使っていますが、チューダーのムーブメントは他社製であるETA社製の汎用ムーブメントを使用しています。ETA社のムーブメントはオメガやパネライ、タグホイヤーといった一流メーカーで使用されているムーブメントであり、ロレックスの自社開発ムーブメントと比べても遜色のない性能のムーブメントです。

ただ、チューダーのムーブメントはETA社の最高級ムーブメントではなく「汎用ムーブメント」を使って製造コストを下げています。汎用ムーブメントとはいっても、精度自体は一定品質以上を保っており、問題なく使用することができます。
いかがだったでしょうかチューダーにはまだまだ沢山の魅力で来な時計がいっぱいあります。
是非お客様にピッタリなチューダーを探してみて下さい。



BROOCH時計修理工房では、オーバーホール(分解洗浄ポリッシュ加工(ケース・バンド)外装磨きだけでなく、電池交、コマ調整、バネ交換、バンド交換など、ありとあらゆる修理・作業を承っております。
また、修理だけでなくアンティークウォッチの販売、革ベルトの販売、ベルトオーダーなどの販売も行っております。
ベルト交換やアンティークウォッチの購入の際はBROOCH時計修理工房までお越しください。
大切な人から頂いた時計、思い入れのある時計、お使いの時計に不具合等ありましたら、是非一度ブローチ時計修理工房へお越しください。
ご相談だけでも承っております、お気軽にご相談下さい。

 

運営会社について

閉じる