BROOCHブローチ時計・宝石修理工房 > 用語集 > BREITLINGブライトリング

BREITLINGブライトリング

パイロットウォッチを数多く生産するメーカー


ブライトリングは創業当初から「計器としての時計作り」に重点を置いている時計メーカーです。ブライトリングが販売するパイロットウオッチは飛行機を操縦する際に役に立つ機能が搭載されており、多くのパイロットに愛用されました。

ブライトリングの歴史


ブライトリングの創業は1884年にまで遡ります。創業者はレオン・ブライトリング氏です。彼は精度の高い時計を製作できることで有名でした。レオン氏はこの時からすでにクロノグラフがスポーツや軍事利用で需要が生まれると予想し、研究と開発を行っていました。これは同業他社と違うものを作り、差別化をするためです。
1989年にはクロノグラフを搭載したモデルを発表し、特許を取得しました。

レオン氏の読み通り、1900年代に入ると、戦争が始まる直前となり、クロノグラフの需要が高まってきました。当然、クロノグラフの研究を地道に続けてきたブライトリングに注目が集まります。
1993年には8日間のパワーリザーブモデルを発表、19996年には2/5秒単位のクロノグラフを発表し、それぞれ特許を取得しました。

1914年、創業者のレオン氏が他界し、息子のガストン氏がブライトリング社を引き継ぎました。

そして1915年、専用のプッシュボタンを搭載したクロノグラフを発表、1934年にはリセットボタンを実用化までこぎつけました。
この偉大な功績により、ブライトリングは1936年に英国空軍のサブプライヤーとなり、航空業界へのパイプを入手しました。

1923年、ついにプッシュボタンを二つ搭載して時間を連続測定できるクロノグラフを搭載した懐中時計を発表しました。

しかし、ガストン氏が1927年に急死します。彼の息子のウィリー氏はこの時14歳でした。ウイリー氏が大人になるまでの間、会社の経営は外部スタッフに任せられました。

こうしてウイリー氏は1932年に代表に就任します。当時、世間に出回っていたクロノグラフには、プッシュボタンが一つしか搭載されておらず。累積した経過時間を確認できませんでした。この欠点を補うためにウィリー氏は父のガストンが特許を取得したツープッシャーを採用しました。これ以降もブライトリングは次々とアイデアを出して研究していき、新しい機能を生み出していきます。

1942年にはクロノマットというモデルが発表されます。航空用のクロノグラフとして開発されました。最初のころは手巻き式でしたが、のちに自動巻き機構が追加されました。下記の現行型のモデルは84年式をもとにして、設計されています。パイロットの意見を取り入れることで、より実用的な造りになっています、

新潟で時計修理オーバーホール時計電池交換をするならBROOCH時計修理工房 BREITLING スターライナー B71340 のケース&ブレス ポリッシュ
BREITLING(ブライトリング) を代表するモデルのクロノマットは、自動巻クロノグラフの代名詞としての地位を確立しています。現在のクロノマットは、大きく高級感がありパワフルなデザインと精度、耐久性、視認性、機能性、驚異的な防水性能、を兼ね備えています。

ブライトリング オーバーホール(分解掃除)は新潟市ブローチ時計修理工房にお任せください!
1952年には、ナビタイマーが誕生します。クロノマットをもとにして改良されたモデルです。航空用計算尺を装備しており、航空機の操縦における様々な場面で役に立つようなしようとなっています。初代モデルは何と、世界パイロット協会に認定された公式時計となったのです。初代ナビタイマーは手巻き式でしたが、のちに自動巻き機構が加えられ、今の形に至ります。

1959年、アポロ計画より前に発案されたマーキュリー計画を契機としてコスモノートが完成しました。宇宙空間では昼夜の判別がしづらいので24時間表示ができるように作られた、まさに宇宙飛行士専用の時計です。スコット・カーペンター少佐の要望により、文字盤からタキメーターが省かれている点も、この時計の特徴です。


このように、ブライトリングの時計は、空を駆け巡る人々とともにたくさんの活躍をしてきました。現在でもその機能美あふれるデザインは、日常生活で着用していたとしても、輝き続けるでしょう。

関連修理事例:BREITLING(ブライトリング)のオーバーホール 修理

閉じる