BREITLING(ブライトリング)のオーバーホールのご依頼です。

修理ブランドBREITLING ブライトリング

ブライトリング オーバーホール(分解掃除) 時計修理

今回のご依頼は、BREITLING CROSSWINDのオーバーホールです。

ブライトリング オーバーホール(分解掃除)は新潟市ブローチ時計修理工房へおまかせください!

直径42mmという大きなサイズにより、強烈なインパクトで魅せる人気モデル、クロスウィンド。
洗練されたローマ数字のインデックスを持ち、文字盤中央には網目状の”ギョーシェ加工“と呼ばれる細工が施され、視認性の確保とともに非常に印象的な効果が生み出されています。
ムーブメントには、クロノマットと同じクロノメーター規格の高性能自動巻きキャリバー・ブライトリング13を搭載し、機能性にも非常に長けています。
いつでも正確に時を把握できる計器として、欠かすことのできない強靭さと卓越した機能性・操作性を兼ね備える機械式クロノグラフ・クロスウィンド。
生産終了となった今でも多大な人気を誇るブライトリングの代表作は、どんな時でも圧倒的なパフォーマンスを発揮してくれることでしょう。

今回のムーブメントは、バルジュー7750(ETA7750)
バルジュー7750は1973年に誕生し、今なお製造され続けるロングセラームーブメントです。
ロレックス デイトナに採用されたことで名を馳せ、20世紀末には「クロノグラフ=バルジュー7750」と呼ばれるほどメジャーな存在となりました。のちにETAに買収され、バルジュー7750はETA7750へと改良が加えられることになりますが、基本設計はほぼそのまま継承されており、バルジュー7750のDNAは現代でも生き続けています。
機械はこちら、

ブライトリング オーバーホール(分解掃除)は新潟市ブローチ時計修理工房へおまかせください!

~ちなみにオーバーホールとは、、、、?~

時計内部のムーブメントを分解・洗浄し、新しい機械油を注しながら組み上げる作業のことです。人に例えて言えば「人間ドック」、車に例えて言えば「車検」のようなものです。分解掃除をすることで、故障の原因となる目に見えない部分の汗や汚れを取り除き、磨耗した部品や、防水性を保つために不可欠なパッキン類を交換し、健康で快適な状態に調整することができます。
腕時計にはクオーツや機械式をはじめさまざまな種類がありますが、ゼンマイを動力とする機械式の腕時計は構造が複雑で、時間の経過とともに防水性などの性能や時刻の精度が劣化していきます。そのため、時計を長持ちさせるには、4~5年程度を目安にオーバーホールに出すのが望ましいとされています。クオーツ式の腕時計であっても、時計内部の部品は使用するうちに劣化していきますので、ブランドが推奨するタイミングでオーバーホールに出すと良いでしょう。 また、機械式・クオーツ式を問わず、仮に動作に異常がなかったとしても、腕時計の内部で部品の劣化や消耗が進んでいることがあります。その場合でもやはり4~5年に一度はオーバーホールをすることをおすすめします。オーバーホールをすると、時計のコンディションをベストな状態に戻せるので、寿命を延ばすことにもつながります。

~ブローチ時計修理工房で行える修理・作業!~

ブローチ時計修理工房ではオーバーホール(分解掃除)、ポリッシュ加工(外装磨き)だけではなく、電池交換・コマ調整・バネ交換・バンド交換などの作業や、
折れ込んでしまったネジやピンの除去、湿気や水滴が入ってしまった時計の乾燥などありとあらゆる修理・作業を承っております。

大切な人から頂いた時計、思い入れのある時計、それぞれ理由があると思いますが、その時計が壊れてしまったら悲しくなりませんか?
壊れたら買い換えたらいい。そう思う方も中にはいらっしゃるかもしれません、ですが壊れないように定期的にメンテナンスすれば一生ものです!もし壊れてしまっても直せます!
お使いの時計に不具合等ありましたら是非一度ご相談だけでもブローチ時計修理工房へお持ちください。

 

オーバーホール料金 ¥35,000(税別)