タグホイヤー MONACO クロノグラフの オーバーホール&風防磨き。

修理ブランドTAG Heuer タグ ホイヤー

モナコはタグホイヤーの中でも極めて異色を放つ腕時計としてこれまで注目されてきました。なぜなら、モナコが発売されるまで、どの時計メーカーも自動巻きの腕時計は丸形のものしか作っていなかったからです。当時丸いムーブメントを四角いケースに入れるのは非効率であるとされていたので、だれもやろうとしませんでした。しかしタグホイヤーはそこに目をつけて、あえて四角い時計を開発しました。しかも防水機能とクロノグラフまでつけてです。こうしてモナコは誕生しました。

さて今回はモナコのオーバーホールの依頼です。

 

「購入してから一度もオーバーホールしていないのでしてほしい。あとガラスの傷が

気になるが、取ることはできるか?」という事で持ち込まれました。

オーバーホールとはムーブメント(機械)をパーツ毎に分解して洗浄をかけ再度組み直します。 洗浄することによって古い潤滑油を洗い流し、新しい潤滑油をさすことによって出来るだけ新品の状態に近づけます。この方法はパーツに破損が無い限り基本的に元のパーツをそのまま使います。定期的なオーバーホールはパーツの保護にもつながります。

上の写真を見るとガラスの中央部、縦に傷が確認できます。

風防にできた傷はバフモーターという機械に専用の研磨剤をつけて磨いていきます。

 

バフーモーター

こちらがバフモーターです。円形の部分が柔らかいフェルトや布素材になっていてモーターで高速回転します。そこに風防を当てることで、表面を研磨していきます。

上の写真ではキズがキレイに無くなっているのがわかると思います。

表面に傷がついてしまった場合でも、研磨すれば元通り近い状態に戻りますが、頻繁に研磨を繰り返すと研磨した部分が薄くなってしまい、強度が下がってしまいます。

今回はオーバーホールだけでしたが、当店では同時進行でポリッシュ加工も施すことができます。ポリッシュ加工とは簡単にいうとケースやブレスの表面を研磨することです。こうすることで表面の細かい傷が消え光沢が出て購入した直後のような美しい状態になります。

研磨にはバフモーターという機材を使います。ほとんどのブレスはポリッシュ加工(時計のケースやブレスレットが鏡のように物を映し出すほどの仕上げ方。主にバフモーターを使用し、職人の手作業により磨き込まれるのが一般的。鏡面仕上げとも呼ばれる。)とサテン加工(金属部分の表面に細かな傷を非常に狭い間隔で付けることにより、映り込みを無くし方向性のある艶消し面に仕上げる加工方法。絹地(サテン)に似た質感を施すため、そのように名付けられた)が施されており、ベルトひとつひとつをマスキングし、バラしながら行います。

機械式の時計は定期的な手入れをすれば一生ものであると言われています。もしお使いの時計に不調が出ましたら是非とも、一度ご相談にいらしてください。

 

オーバーホール料金    ¥30.000 (ガラスの傷取りの料金はオーバーホール料金に含まれます。)