VERSACE(ヴェルサーチ・ヴェルサーチェ)の電池交換。

修理ブランドその他ブランド

イタリアのファッションブランドVERSACEの電池交換依頼です。

ベルサーチはファッションブランドらしいデザインが人気で、時計内部はスイスメイドの機械を搭載しています。1978年にジャンニ・ヴェルサーチによって作られたイタリアファッションブランドです。ちなみに2018年からはヴェルサーチではなくヴェルサーチェに読み方を変更してるんですね!ブランドはイメージが大事なので、何か思惑があるのでしょう。

ヨーロッパなどでは専門的な技術についてのOEM化が進んでいるため、ヴェルサーチェに限らずファッションブランドなどで時計を出す場合はスイス製の時計製造メーカーが製造担当してデザインをブランドが行うというのが一般的です。ファッションブランドだからと言って時計の精度が低いというわけではないのです。

早速裏蓋を注意深く開けます。スイス式の腕時計でよく見かけるRONDAのクォーツ式ムーヴメントを搭載していました。電池(バッテリー)を取り出してみると、電池の裏面から漏液の痕跡が見つかりました。しかも乾燥して白い粉状になって時計全体に広がっているようでした。

恐らくこれが原因で止まってしまったものと思われます。

クォーツ式時計が電池漏液でこの様な状態になってしまった場合は電池交換しても動かない場合もあります。場合によってはムーヴメント交換、少なくともオーバーホールするのが良いのですが、今回は新しい電池を入れると無事動いてくれましたので今回は電池交換で対応することに。

この時計は購入してから初めての電池交換という事でしたので、できるだけキレイに粉を除去し電池交換を行います。漏液がひどく液漏れが時計全体に回ってしまっている場合などは即オーバーホールが必要となるのですが、今回はそこまでのレベルではないかったのが幸いでした。

クォーツ式の時計の電池は基本的に2年間動くことになっています。※時計によって個体差があるため一概に2年とは言えないのですが概ね概算です。

一旦動いた時計ですが、漏液のダメージがどの程度かは正確には判りません。お客様には電池交換後に、異常が見られた時はオーバーホールが必要になる事をお伝えして返却しました。

今回の作業ではムーヴメントを分解して細部まで除去する事はできませんので表面的に見える部分と、ムーヴを分解せずにこの状態からできる限り白い粉状の異物を除去しました。(これはこれでなかなかの細かな作業です。)

後はこのまま元気に動いていくれると良いのですが、一旦外装ケースを拭きあげてお戻ししました。

電池交換料金     ¥2.000

電池交換は時計師が修理工房で作業している営業日は当日中にお渡し可能です。詳しくは営業日カレンダーを御確認ください。