TAG HEUER (タグ・ホイヤー)WV211M のオーバーホール&ポリッシュ&リューズ修理。

修理ブランドTAG Heuer タグ ホイヤー

TAG HEUER (タグ・ホイヤーカレラWV211M) 修理をお預かりしました。
カレラWV211MTAGはキャリバー5搭載でオーソドックスなフェイスとなるカレラのスタンダードモデルです。
ブラック文字盤・ブラック固定式ベゼルはTAGのベゼル有りモデルの中でもベゼル幅が細くスタイリッシュな印象を与えてくれ、
ケースバックは中のムーブメントが見えるバックスケルトンでキャリバー5自動巻きムーブメントが見れるデザインです。 

今回カレラWV211M修理お持ち込みのお客様は「リューズが取れてしまったが、直せますか?」という依頼でした。

リュウズを調べてみたところ、何かの衝撃で巻き芯がリュウズ内部に折れ込み、折れた巻き芯がリュウズ内側のネジ部分から抜けなくなってしまっていました。リュウズ内側と巻き芯は、ねじ込み式で接着固定されていて簡単に取り除く事ができないので、リューズ内側のネジ部分を壊さない様に慎重にマキシン部分を除去します。
↑上の写真がBEFORE 巻き芯除去する前 中央部分に巻き芯が詰まっている状態

↑AFTER 詰まっていた巻き芯をキレイに除去する事ができました。
中央の穴の内部はネジになっているため、巻き芯除去作業の際に穴を広げ過ぎるとネジのギザギザ部分までなくなってしまい、新しい巻き芯を入れ込む事が出来なくなります。ネジ部分を残して巻き芯を除去する作業は数ミリの感覚勝負な作業だったため集中して行いました。無事に綺麗に除去するできたため、この穴に通常の状態の巻き芯を入れてリュウズの修理が完了します。

購入してから一度もメンテナンスをされていないという事でしたので、オーバーホールとケースブレスレットポリッシュもさせていただきました。


↑BEFORE ケース側面部分には小傷が目立ちます。


↑ポリッシュしたことにより小傷がなくなりピカっときれいな印象になりました。


↑BEFORE ブレスレットにも小傷が目立ちます。


↑AFTER 小傷がなくなり綺麗になりました。
ケースポリッシュは腕時計を新品のような状態に戻す事が出来ます。大切な腕時計ですのでいつまでも美しい状態を保ちながらお使いください。一定のクオリティーを保つことで腕時計のちょっとした変化にも気が付きやすくなりますし、より一層の愛着がわいて大事にでできるのではないでしょうか?

オーバーホール料金       ¥25.000

ケース&ブレス ポリッシュ料金 ¥10.000