LONGINES (ロンジン)L6 202 2 のムーブメント交換。

修理ブランドその他ブランド

「LONGINES L6  202  2」をオーバーホール依頼で持ち込まれました。

LONGINES(ロンジン)は1832年にスイスのサンティミエにてオーギュスト・アガシが創業した老舗時計ブランドです。

渋さがあって上品なデザイン性は他のメーカーと比較しても強い存在感を放っており、玄人好みのブランドとして今尚人気を博し続けています。

「流行りに乗りたくない」「大人の雰囲気を放ちたい」といった方はロンジンにぴったりかもしれませんね。

そして、ロンジンが作り上げた時計において最も有名なのは1931年に完成した「アワーアングル・ウォッチ」でしょう。

この時計は1927年に世界初の単独大西洋無着陸横断飛行に成功したチャールズ・リンドバーグが航空時計として理想的な機能性をロンジンに考案し、そのアイデアをロンジンが見事に具現化させることに成功したモデルです。

特徴はなんといっても航空機の経緯度(現在位置)が一目でわかること。

針の位置とベゼルの目盛りから時角(アワーアングル)を読み取みとることで、地理的な位置を正確に測定することが可能となりました。

この画期的な時計はたちまち当時のパイロットのマストアイテムとなり、ロンジンの人気と名声を確固たるものとします。

今回お預かりした「LONGINES L6  202  2」は、オーバル型の美しい曲線と、シンプルでありながら完成された美しさを放つインデックスと、少し赤みがかったゴールドで統一されたブレスレットに、大人の落ち着いた印象を思わせる腕時計です。

 

機械をチェックしてみると回路が故障しているのがわかりました。

回路の修理は出来ないのでこういう場合はムーブメント交換になります。

この時計に使用されているムーブメントはETA社の980.003でしたが、今は製造されておらず

後継機の901.001への交換になります。

上の写真が ETA 980.003

上の写真が ETA 901.001

見た目は違いますが、ムーブメントの大きさ、文字盤の足の入る穴の位置、針がおさまる車のサイズが同じなので

そのまま使用する事ができます。

ただ一つ問題があり、高級メーカーのほとんどが

上の写真の様に(メーカー名)(キャリバー)等が印字されています。

同じキャリバーどうしのムーブメント交換の場合は印字されている部分を交換できますが今回のケースはキャリバーが変わるので

その方法が取れません。

こういった時はその事をお客様に了承していただく必要があります。

今回、お客様にこころよく了承をいただきましたので作業をすすめました。