ROREXサブマリーナ OH依頼

修理ブランドROLEX ロレックス

ROREXサブマリーナのOH(オーバーホール)依頼で預かりました。

本日はロレックス サブマリーナのちょっとした豆知識についてお話したいと思います。

スイスの人気時計メーカーROREX(ロレックス)。数々の名作を作り出しているこのメーカーで、特にSUBMARINER(サブマリーナ)は、皆さんが耳にすることも多いと思います。

今回お預かりした腕時計のモデルはRef.116610になるのですが、実は外見上そっくりの、Ref.16610というモデルがあるのはご存知でしたか?

この116610と16610は、簡単に説明すると、Ref.16610Ref.116610の旧型モデルになります。しかし、具体的にどこに変更点が施されているのかまでは、意外と知らない方も多いと思います。ですので、今回は16610と116610の違いについて少し詳しく説明したいと思います。

Ref.116610は、Ref.16610と比べて、
ドットインデックスが大きい
・針が太い
ラグが太い
リューズガードが太い
・夜光塗料がクロマライト
・ベゼルがセラクロム

といった特徴があります。

ラグ周辺やリューズガードのボリュームがUPされた事によりしっかりした印象。ダイヤル上ではドット部分が大きくなり視認性が向上しました。

旧型は金属に塗料を施した、簡素な仕上がりになっているのに対し、新型はセラミック素材を用いたベゼルは耐久性、質感ともに向上。目盛はプラチナを流し込んで特殊コーティングを施した特殊仕様!ベゼル周りで大きな違いを感じると思います。
塗料は暗闇でも確実に時刻を確認できるよう、最新モデルにも採用されているブルー塗料を使用しています。

そして新型のはエクステンション機能を備えたグライドロッククラスプを採用し、
より使いやすくなり堅牢性がアップしています。

といったように、一見違いが無いように見える16610と116610も、比較してみると様々改良をされているとこが分かりました。(ちなみにケース径(40mm)は変わりません。300Mの防水性能も変わらないですね。)

しかし、そうだからと言って新型ばかりに人気が集中しているかといえばそうでもなく、新型の「しっかりした」デザインよりも、旧型の「武骨でスタイリッシュな」デザインが好みというお客様も多いです。

どちらも非常に完成度の高いモデルということには変わりはありません。もしこのページを見てこのモデルのことが気になりましたら、一度2種類を実際に手に取って、好みのモデルを見つけてみてはいかがでしょうか?

ロレックスサブマリーナ OH依頼

オーバーホール ¥35,000(税別)