タグ・ホイヤー カレラ オーバーホール&ポリッシュのご依頼です。

修理ブランドTAG Heuer タグ ホイヤー

今回はタグ・ホイヤー カレラ オーバーホール&ポリッシュのご依頼をいただきました。

「時計が動かなくなったのでオーバーホール含め見てほしい」とのことでお預かりしました。

裏蓋を開けてみると、外れたネジが挟まっていて歯車が回らなくなっていました。

このままゼンマイを巻き続け、動かない原因がわからない状態を続けていたら、歯車がかけたり更に故障個所が、増え最悪の場合修理不可能になっていたかもしれません。

少しでも異常がみられたら、お持ち頂けると幸いです。

オーバーホールですが、、、

オーバーホールとはムーブメント(機械)をパーツ毎に分解して洗浄をかけ再度組み直します。 洗浄することによって古い潤滑油を洗い流し、新しい潤滑油をさすことによって出来るだけ新品の状態に近づけます。定期的なオーバーホールはパーツの保護にもつながります。

オーバーホールとは単に分解して掃除・注油するだけでなく、部品の異常や欠損など時計内部の状態をしっかりチェックし、パーツに破損が無い限り基本的に元のパーツをそのまま使いますが、異常が見られれば修理又はパーツ交換いたします。異常やパーツ交換の際も予めお客様の了承を得てからの作業になりますのでご安心ください。

今後もお客様に安心して使って頂けるように丁寧に作業しております。

 

今回はケースとブレスレットのポリッシュもご依頼頂いているので、磨いていきたいと思います。

ポリッシュ加工とは簡単にいうとケースやブレスの表面を研磨することです。こうすることで表面の細かい傷が消え光沢が出て美しい状態になります。

 

研磨にはバフモーターという機材を使います。ほとんどのブレスはポリッシュ加工(時計のケースやブレスレットが鏡のように物を映し出すほどの仕上げ方。主にバフモーターを使用し、職人の手作業により磨き込まれるのが一般的。鏡面仕上げとも呼ばれる。)とサテン加工(金属部分の表面に細かな傷を非常に狭い間隔で付けることにより、映り込みを無くし方向性のある艶消し面に仕上げる加工方法。絹地(サテン)に似た質感を施すため、そのように名付けられた)が施されており、ベルトひとつひとつをマスキングし、バラしながら行います。

 

こちらがバフモーターです。専用の研磨剤をつけて時計を段階的に磨いていきます。

 

こちらがケースです。

こちらがブレスレットです。

サテン加工と鏡面仕上げのコントラストが綺麗に仕上がりました。

 

時計の油は蒸発しにくいような成分でできていますがそれでも永久に使えるわけではありません。徐々に乾燥してきてしまいます。この状態を油切れと呼びます。油が切れた状態で無理に機械を動かすと歯車に負担がかかり、最悪の場合歯が欠けてしまいます。部品が破損した場合交換しなければならないため、通常料金に部品代が加わってしまいます。また、これらのトラブル防ぐためにも、機械式、クオーツ式を問わずオーバーホールは必須といわれています。

機械式の時計は定期的な手入れをすれば一生ものであると言われています。もしお使いの時計に不調が出ましたら是非とも、一度ご相談にいらしてください。

オーバーホール料金 ¥20,000(税別)
ケース&ブレスポリッシュ料金 ¥10,000(税別)