BROOCHブローチ時計・宝石修理工房 > ブログ > 蒲田店 > 1960年代アンティークウォッチのOMEGA(オメガ)のご紹介です。
スタッフブログ

こんにちは、ブローチ時計修理工房 蒲田店 スタッフNです。
今回ご紹介いたしますのは、美しいデザインが魅力的な1960年代のOMEGA(オメガ)Ref.551.166のアンティークウォッチです。

レディースウォッチ特有のコロンと小ぶりなラウンドケースに、美しい輝きをするダイヤモンドカットガラス風防が目を惹く一本です。
搭載のムーブメントは手巻き「Cal.484」。
美しいゴールドプレーテッドが施されており、過度な劣化の見られない良コンディションを保っています。
手巻きムーブを搭載しているため、厚みがわずか7mmという薄型なつくりとなっております。


さらに、放射仕上げが施された明るいシルバーダイヤルに、ブラック塗装の針や、ゴールドバーの上にブラックバーインデックスが配された視認性の高い顔立ち。
ノンデイトなので日付を合わせる必要が無く、非常に実用的です。
リュウズを巻くときにチッチッチッ・・・と少し高めな音色がお楽しみいただけます。
普段使いもしやすいアンティーク・オメガです。

スイスの高級腕時計「OMEGA(オメガ)」

オメガは、時計師ルイ・ブランが1848年にスイスで工房を設立したことから歴史が始まり、跡を引き継いだ彼の息子たちにより、高級時計ブランドとして発展していったといわれており、「スピードマスター」や「シーマスター」、「デ ヴィル」など優れた品質やデザイン、偉大な歴史などから、日本を含め、世界的に抜群の知名度を誇るブランドです。

OMEGA(オメガ)Ωマークの意味

OMEGA(オメガ)はギリシャ語で「完全」「達成」という意味をもつ言葉の語源だそうです。
オメガのシンボルマーク「Ω」ギリシャ文字でもよく見かけられ、ギリシャ文字の最後に登場する文字から付けられたと言われております。
また、Ωには人の肩から上(首・頭・肩)など、人の周りから暖かい光で包み込んでくれるという意味が託されていると言われており、その思いをΩの記号に託してシンボルマークになったのだそうです。
達成・成功に導きながら大きな力を与え「光」となってほしいという願いを込めているのかもしれませんね。

ブローチ時計修理工房 蒲田店の外観の様子です。

BROOCH時計修理工房では、オーバーホール(分解洗浄ポリッシュ加工(ケース・バンド)外装磨きだけでなく、電池交、コマ調整、バネ交換、バンド交換など、ありとあらゆる修理・作業を承っております。
また、修理だけでなくアンティークウォッチの販売、革ベルトの販売、ベルトオーダーなどの販売も行っております。
ベルト交換やアンティークウォッチの購入の際はBROOCH時計修理工房までお越しください。
大切な人から頂いた時計、思い入れのある時計、お使いの時計に不具合等ありましたら、是非一度ブローチ時計修理工房へお越しください。
ご相談だけでも承っております、お気軽にご相談下さい。

運営会社について

閉じる