BROOCHブローチ時計・宝石修理工房 > ブログ > 万代シティ店 > 【万代シティ店】腕時計のベルトについて
スタッフブログ

スクリプト、時計、レザーベルト

腕時計のベルト

お客様が身に着けられている、『ベルト』、『バンド』は、常にお客様の肌に触れている為、皮脂などの汚れが付きやすいパーツになります。

汚れや劣化した『ベルト』『バンド』は、意外と目についてしまうものです。

BROOCHでは、お客様が気に入られるものが、置いてありますので、交換の際は足をお運びください!

腕時計のベルトの種類  革(レザー

腕時計のベルトで、一般的なのは、革のベルトです。柔らかいので腕に馴染みやすく、種類豊富なのが良い所ですよね
革ベルトの素材には、牛革、カーフ(仔牛)、馬、クロコダイル、オストリッチ(ダチョウ)などで出来ているんですよ!
革ベルトは、フォーマルな格好に合います!その時に、おすすめなのは、二針もしくは、三針の時計か、白文字盤であれば、黒革ベルトがおすすめでございます。

腕時計のベルト  金属(メタルブレス)

seiko、腕時計、メタル、金属、ベルト

スーツからカジュアルな服装にも合わせやすく、使えるシーンが広いのが、メタルブレスです。
汗や水に強いため、革ベルトと違い劣化しづらいのが特徴です。
また、傷がついてもコマの交換や研磨などで対応できるため、日常使いする腕時計におすすめです。

メタルブレスの素材には、ステンレススティール、チタン、ゴールド、ブラスなどがあります。
デザインも多くあり、コマが横一列に並ぶ、「3連」、「5連」、「7連」とあり、金属の編み込んだような「メッシュ」、異なる素材を組み合わせた「コンビ」などが存在します。

腕時計のベルト  ファブリック(布製、ナイロン製)

ダニエルウェリントン、時計、ナイロン製、ベルト

キャンバス、ナイロン、ポリエステルなどが使用された時計ベルトは、カジュアルな印象が強く、休日のスタイルにはとても良いです。
素材によっては、洗うことが出来るので、革や金属と比べると清潔感を常に保てますね!
ベルトを交換するだけで、時計の印象が変わりますので、イメージチェンジしたい方には非常にオススメです。

腕時計のベルト  合成素材(ウレタン樹脂やシリコンラバー)
腕時計、ゴム製ベルト

ウレタン樹脂やシリコンラバーは、弾力性があり、着け心地が軽く、なじみやすいの特徴です。
カラーバリエーションが豊富でカジュアルな時には非常にオススメです!

合成素材のベルトは、耐久性は高いのですが、保管方法が適切でないと劣化し、亀裂が入りベルトが割れてしまうなど、合成化合物特有の劣化がありますので、適切な場所へ保管を心掛けて下さい。
また、BROOCH時計修理工房では、上記で挙げた種類を取り扱ってもいますので、ベルト交換の際はお越しください!

 

運営会社について

閉じる