BROOCHブローチ時計・宝石修理工房 > ブログ > 神田店 > 【BROOCH時計修理工房神田店】ケース素材は種類が豊富!?ケース素材の種類をご紹介いたします
スタッフブログ

ケース素材の種類は豊富
OMEGA(オメガ)アンティークウォッチ デ・ヴィル cal.661のフェイス

写真_OMEGA(オメガ)

こんにちは。今回は、ケース素材の種類をご紹介いたします。ケースには、実は沢山の種類があり、ケースの素材によって与えてくれる印象が変わってきます。これから時計を購入しようか悩んでいる方は、是非今回のブログを読んで、参考にしてください!では、早速ご紹介していきます。

プラスチック

製造コストが低く、かつ大量生産が可能なプラスチックは、カジュアルなクォーツ時計によく採用されています。コスト面以外にも、着色がしやすく、さまざまな色合いを表現できる点も魅力的です。もちろん、アレルギーフリーという点も見過ごせない。その反面、耐久性や防水性は他のケースに比べると劣る部分があります。劣化が進みやすく傷みも早いので、高級腕時計には用いられることが少ないです。

ステンレス

機械式時計の世界では最もポピュラーで、数多くのモデルで採用されている素材がステンレススティールです。名称が「ステン=錆び」と「レス=ない」という言葉で構成されていることからも分かるように、錆びにくく、しかも高硬度で安定した耐久性を保持しているため、多くの高級モデルでも使用されています。またステンレススティールは、その含有成分や特性によってさまざまなメーカーが特許や登録商標を持っている素材で、その種類は実に200を超えるとも言われています。

チタン

チタンは比重がステンレススティールの約6割という軽量素材です。軽快に装着できるため、時計のケース素材に多く用いられています。特徴は表面に酸化被膜を張っているため海水などに触れても錆びにくく、強度も備えています。また大きなメリットとして、金属アレルギーを起こしにくいことも挙げられます。その反面、加工がしにくいという一面があります。これが製造上の難点でもあるのですが、現在では技術が向上し、美しい仕上げを施したチタンケースが増えています。

シルバー

独特の輝きを放つシルバーは、嫌みのない質感でありながら高級感も携えており、幅広い層に支持されている素材です。金属の類では白く、和らかな光沢があります。柔らかさのある材質は加工も容易で、懐中時計がメインだった時代から多く使用されてきました。デメリットとしては、空気中の物質などと反応して表面が黒ずんでしまう点が挙げられます。

ゴールド

多くの人々が憧れ、圧倒的な支持を得ている素材がゴールドです。気品漂う美しい輝きと、市場的にも認められた価値によって、ラグジュアリーな雰囲気を放っている。金の純度を示すカラットは、金の含有率を24分割で表したもの。つまり24Kは純度100%だが、これでは金属としては軟らかすぎるため、他の金属を配合して硬度を高めつつ美しさを保った、純度75%の18Kをケースに使用しているのが一般的だ。さらに、主に18Kの金に、銀や銅、パラジウムなどを混ぜることで、イエローゴールド、ピンクゴールド、ホワイトゴールドなどと呼ばれる色合いへと生まれ変わり、異なる美しさを楽しめるようになっています。

 

運営会社について

閉じる