BROOCHブローチ時計・宝石修理工房 > ブログ > 阿佐ヶ谷店 > Cartier(カルティエ)タンク 尽きることのない魅力【東京阿佐ヶ谷・ブローチ(BROOCH)時計修理工房】
スタッフブログ

Cartier(カルティエ)タンク 尽きることのない魅力

こんにちは!
ブローチ時計修理工房 阿佐ヶ谷店です。
今回は、誕生から長い年月を経てその地位を確立し、数多くの人から愛され続けているCartier(カルティエ) TANK(タンク)シリーズについて、その歴史と魅力をご紹介させていただきます。
Cartier(カルティエ)タンク
TANK FRANCAISE SM W51028Q3

Cartier(カルティエ)の歴史

Cartier(カルティエ)の歴史は、1847年にルイ・フランソワ・カルティエがフランス・パリに宝飾店を設立したことから始まりました。
1911年に「サントス」を発表し世界を驚かせて以降、数多くのコレクションを生み出してきました。
TANK(タンク)が誕生した20世紀初頭は、懐中時計から腕時計へ移り変わる変遷期でした。
Cartier(カルティエ)は世界に先駆けて、本格約な腕時計の製作に着手したのです。
Cartier(カルティエ)タンク
must de CARTIER TANK LM iv Q

Cartier(カルティエ)TANK(タンク)

Cartier(カルティエ)TANK(タンク)は、1917年にプロトタイプが製作され、その2年後に誕生したシリーズです。
無駄のないスマートな文字盤と、スクエアケースが特徴的です。
TANK(タンク)とは、「戦車」を意味し、戦車を真上から見た姿をモチーフにデザインされました。
余計な装飾が無く直線を強調したシンプルな造形や白と黒の対比などの高いデザイン性は、1920年代当時に興った新しい時代の芸術である「アール・デコ」をまさに象徴するものでした。
TANK(タンク)は時計としての価値の高さだけでなく、一つの芸術作品としても世界に影響を与えたのです。
誕生して以来100年以上に渡り、その基本的なデザインを変えることなく数多くの人々を魅了し、愛され続けています。
TANK(タンク)がそんなにも人々を惹きつけるのは、他にはない唯一無二の魅力を宿しているからです。

人々を魅了するタンクの魅力とは

TANK(タンク)は、誕生以来数多くの著名人が愛用してきたことでも有名です。
中でもTANK(タンク)の愛用者として有名なのが、世界的な芸術家アンディ・ウォーホールです。
彼は時計としての機能性だけでなくその高いファッション性に惚れ込み、TANK(タンク)を着用していたという記録も残っています。
数多くの芸術作品を生み出してきたアーティストをもこれほどに魅了してきたことからも、TANK(タンク)が歴史的な名作であることがわかります。

いかがでしたでしょうか。
簡単にではありますが、Cartier(カルティエ)TANK(タンク)の魅力についてご紹介させていただきました。
まだまだ語り尽くせないほどのCartier(カルティエ)TANK(タンク)の魅力、奥深いですね!

Cartier(カルティエ)の電池交換・オーバーホール、承っております。

ブローチ時計修理工房では、Cartier(カルティエ)の修理・メンテナンスも承っております。
Cartier(カルティエ)の基本修理料金は以下の通りです。
【電池交換】¥2,200(税込み)
【オーバーホール】¥29,160(税込み)~
他にもポリッシュ加工コマ調整など、様々な修理・メンテナンスを承っております!
お持ちの時計についてお悩み・ご相談があれば、ぜひ一度ブローチ時計修理工房までお問い合わせください♪
お客さまの大切な時計をより長くご使用いただくために、心を込めて修理・メンテナンスさせていただきます。
ブローチ時計修理工房 阿佐ヶ谷店でお待ちしております!

運営会社について

閉じる