BROOCHブローチ時計・宝石修理工房 > ブログ > 万代シティ店 > 「今さら聞けない…」クロノグラフ時計の基本的な使い方!
スタッフブログ

こんにちは!BROOCH時計修理工房 万代店の新人スタッフWです。
今回は、「クロノグラフ」の基本的な使い方をご紹介していきます!

クロノグラフとは
タグ・ホイヤーのアクアレーサーというクロノグラフ時計

「クロノグラフ」という言葉は、ギリシャ語で”時間”を意味する「クロノス(Chronos)」と、”記す”を意味する「グラフォス(Graphos)」の合成語です。
クロノグラフとはストップウォッチ機能を搭載した時計のことを指し、時計機能と同一の動力源によってストップウォッチ機能も動作させます。

クロノグラフの使い方
タグホイヤーのカレラというクロノグラフ時計

クロノグラフは、初めての方からすると扱うのが難しいと思うので、基本的な使い方をご紹介します!

①ストップウォッチ機能

スタートは2時の位置にあるプッシュボタン(リューズの上)を押す。もう一度同じプッシュボタンを押すとストップ。4時の位置にあるプッシュボタンを押すとリセットできます。

②文字盤の見方

知らないと間違えやすい部分が、秒針とクロノグラフ秒針です。
クロノグラフの機械式時計の多くは普通の秒針の位置ではなく、インダイアルという小さなダイアルの方にあります。
秒針が止まっていると思っても、よく見ると小さなダイアルの方が動いていたりします!動いていればそちらが秒針です!
では大きい方の秒針は何なのかというと、そちらが計測時に動くクロノグラフ秒針です。
また他にもインダイアルがありますが、そちらは積算計です。
例えば積算計が30分計だったとすると、クロノグラフ秒針が一周(60秒)経過すると、1メモリ進んで、30分まで進んでいくという仕組みです!
12時間計もある場合は、30分計が2周すると12時間計が1メモリ進みます。
基本的な部分が分かるだけでも、クロノグラフが分からなかった方は興味が出てきたのではないでしょうか??
クロノグラフは複雑な機構で出来ている為、初めは難しいかもしれません。
しかし一度覚えてしまえば、クロノグラフ機能の無いシンプルな時計では感じることの出来ない「操作する事の楽しさ」や、「文字盤のスポーティさ」を体感できます!
ぜひ気になった方はもっと詳しく調べてみて下さい!

店頭でお待ちしております!

BROOCH時計修理工房 万代シティ店の入り口写真

BROOCH時計修理工房では、複雑な機構のクロノグラフの腕時計でも、電池交換、パッキン交換だけでなく、オーバーホール(分解掃除)ポリッシュ加工(外装磨き)、コマ調整、バネ交換、ベルト交換など、ありとあらゆる修理・作業を承っております。
大切な人から頂いた時計、思い入れのある時計、お使いの時計に不具合等ありましたら、是非一度BROOCH時計修理工房へお越しください。
ご相談だけでも承っております、お気軽にご相談下さい。

運営会社について

閉じる