BROOCHブローチ時計・宝石修理工房 > ブログ > 阿佐ヶ谷店 > 【東京阿佐ヶ谷・BROOCH時計宝石修理工房】アンティーク時計ご紹介【ロンジン】手巻き式時計
スタッフブログ

ロンジン アンティーク手巻き時計


こんにちは!ブローチ時計修理工房阿佐ヶ谷店です。今回ご紹介致します時計はこちら!【LONJINES】ロンジンアンティーク手巻き時計です。当店に新入荷して参りました時計の一つ。阿佐ヶ谷店にアンティーク時計は数あれどロンジンはこの一品だけになります。ロンジンとはどんなメーカーなのでしょうか?ちょっとだけ見てみましょう。

あらゆる分野のオフィシャルタイムキーパー


ロンジンは1832年にスイスのサンティミエにてオーギュスト・アガシが時計製造販売会社の共同経営者に就任したことによって始まった時計ブランドです。1878年にスポーツイベントで使用する計器を初めて開発したメーカーです。ほぼあらゆるジャンルのタイムキーパーとして、そして飛行士、航海士、探検家、アスリートなどプロフェッショナル向けの計器のメーカーとして、ロンジンは常に自社のウォッチの正確さ、精密さ、そして機能性の向上に取り組み続けました。その結果、極めて先駆的な時計作りへの道が開かれたのです。【公式サイトより】

クオーツショックの影響


1969年にセイコーが初めてクォーツ時計を発表したとき、スイスの時計業界は何が起こるか予想していませんでした。クォーツ時計は機械式時計よりも精度が高く、製造コストも大幅に削減でき、製造期間も短縮できた。ロンジンやその他大手スイスのブランドが独自にクォーツ時計を開発していたが、これらすべてが成功したとは言えなかった。 つまり、時計は熟練した職人が作る高級品から、大きな工場で作られる大量生産品になったのである。このクォーツショックの影響により、多くの有名ブランドが大きな課題に直面し、会社の売却や製品の生産中止に追い込まれていった。ロンジンも影響を受け経営は悪化。現在ではスウォッチグループの傘下として時計の製造に携わっています。

ロンジン・角型・金張り


さて、そんなロンジンですが当店のアンティーク時計はどんな時計でしょうか?cal.5062のムーブメントを搭載したケースがゴージャスな一品です。年代は恐らく1970年代の手巻き式時計。男女ともにお使い頂けるユニセックスタイプとなっております。注目はやはりその金張り。ケース・針・ベルト・リューズ・ダイヤルに至るまで全てが金綺羅です。尾錠にはしっかりとロンジンマーク。圧倒的な個性とエレガントを兼ね備えた素敵な時計です。是非その手に取って確かめてみて下さい。

 

運営会社について

閉じる