BROOCHブローチ時計・宝石修理工房 > ブログ > 神田店 > フランスの高級品メーカー「Hermès(エルメス)」の時計の歴史
スタッフブログ

こんにちは!ブローチ時計修理工房スタッフのWです。
皆さんは「HERMES(エルメス)」をご存じでしょうか?
鞄や財布でとても有名なブランドなので、ご存じの方が多いではないでしょうか?
オレンジ色のボックスも象徴的なので、見覚えのある方もいらっしゃると思います。
ファッションブランドとしてのイメージが強いかもしれませんが、腕時計にも注力しています。
さて、今回はそんな高級ブランド「エルメス」の時計の歴史を簡単に解説していきます!
本格的に知りたい方は、「エルメスの道」という、漫画で歴史を知ることが出来るページがありますので是非チェックしてみて下さい。
ちなみに、日本の竹宮惠子さんという漫画家さんが描かれたそうです!

エルメスの始まり

エルメスはフランスにあるファッションブランドで、創業者のティエリー・エルメスが36歳の頃の1837年に、パリのマドレーヌ寺院界隈で馬具工房を立ち上げました。
馬具の制作でブランドのポジションを確立したエルメスですが、自動車技術の高まりによる馬車の衰退も、皮革製品に軸を移すことで上手く乗り切りました。
そこから、高品質でファッション性の高い製品が女性の人気を博し、世界中から愛されるブランドになっていったのです。

エルメスの腕時計

さて、革製品で成功したエルメスですが、時計はどうだったのでしょうか。
実は1910年代に時計と出会い、1920年頃からはジャガー・ルクルトやユニバーサルなどの時計メーカーとの共同作業で時計を作成していました。
また、当時主流だった懐中時計の鎖の部分を革のストラップにした「ブレスウォッチ」を最初に制作したのがエルメスでした。エルメスは皮製品の技術を生かして、皮を使った時計の先駆者となりました。
さらに、1978年にはスイスのピエンヌでエルメスの時計専門の子会社「ラ・モントル・エルメス」を設立させ、本格的に時計の製作に乗り出しました。
エルメスは時計にもしっかりと注力していたのです。
「ファッションブランドの作った時計だから」となんとなく敬遠していた方も、魅力を感じたのではないでしょうか?

BROOCHで修理させて頂いたエルメスの時計


【クロワジュール】

HERMESクリッパーの外装磨き後の正面の画像です。
【クリッパー】


【Hウォッチ】

有り難いことに、この他にもエルメスの修理を沢山いただいております。
お持ちでしたら、修理の際はぜひ当店にお越しください!



BROOCH時計修理工房では、ポリッシュ加工(ケース・バンド)外装磨きだけでなく、オーバーホール(分解洗浄電池交、コマ調整、バネ交換、バンド交換など、ありとあらゆる修理・作業を承っております。
また、修理だけでなくアンティークウォッチの販売、革ベルトの販売、ベルトオーダーなどの販売も行っております。
ベルト交換やアンティークウォッチの購入の際はBROOCH時計修理工房までお越しください。
大切な人から頂いた時計、思い入れのある時計、お使いの時計に不具合等ありましたら、是非一度ブローチ時計修理工房へお越しください。
ご相談だけでも承っております、お気軽にご相談下さい。

運営会社について

閉じる