BROOCHブローチ時計・宝石修理工房 > ブログ > 阿佐ヶ谷店 > 機械式とクオーツ式の違い。機械式時計のメリット・デメリット【東京阿佐ヶ谷・ブローチ(BROOCH)時計修理工房】
スタッフブログ

機械式腕時計とクォーツ式腕時計の違いとは?

それまで薄型だったラグスポの根底を変えたかのようなヨットマスターの姿


ROLEX オーバーホール ポリッシュ「ロレックス」
機械式とクォーツ式の違いは時計の針を駆動する「動力の違い」にあります。

【機械式】 ゼンマイが解ける力を、歯車やパーツを介して時計の針を動かす
ゼンマイを巻く方法は「手巻き式」と「自動巻き式」のニつがあります。
秒針が一秒間に何回も刻んで動くのが特徴です。現在の高級時計と言われるもののほとんどは機械式時計です。



【クォーツ式】
電池でクォーツ電圧をかけて振動→ICチップ→ステップモーターから歯車をを介して時計の針を動かす
現在のほとんどの時計はこのクォーツ式です。1秒ごとに秒針が動くのが特徴

ムーブメントとはクルマで言うところのエンジンで、時計の針を動かす心臓部のことです。機械式はゼンマイと機械を用いて針を動かし、クォーツ式はクォーツ(水晶)と電子機器を用いて針を動かしています。一般的にクオーツ式は比較的安価で手に入れやすく、耐衝撃性が高い傾向にあります。一方で機械式はクオーツと比較すると高価なため、持っていればステータスを高められます。また、ムーブメントの芸術品や工芸品のような味わい深さが楽しめます。

電池の液漏れが時計の内部に浸透すると故障の原因になり場合によっては修理が困難になる可能性もあります

機械式腕時計のメリット・デメリット

【メリット】
・芸術性や趣味性が高い
・資産価値が高い

第一に、機械式時計は何世代にも渡って引き継ぐことができる可能性が高いということです。芸術性・趣味性が高い点も大きな魅力。この小さな機械の中に歴史的なロマンと技術者たちの想いや限りない可能性が含まれています。腕時計好きの方は相手の腕時計をみて、さまざまなドラマを想像したりお話したりします。機械式時計誕生してから数百年以上も改良が重ねられられて来た歴史の一片が、自分の腕に着けて、行く末は大切な人に託すして同じ景色をみる…。ロマンが溢れています。さらに、人気ブランドの売れ筋モデルになると資産価値・リセールバリューが高い点も大きなメリットです。何年使用していても、購入価格よりも売却価格が高くなり、利益が出るという現象も起こります。不思議ですね。一級品の機械式時計は「永続性」と「芸術性」の高さ、資産価値にもなりまさに“家宝”にもなり得ます。

RADO ラド― Artcolline 手巻き式腕時計Cal.407

【デメリット】
・価格/維持費がクオーツ時計より高い
・クォーツ式ほど精度が高くない
腕時計は定期的にメンテナンス(オーバーホール)が必要です。オーバーホールはおおよそ5年に一度必要となります。費用は当店で約3~5万円程度です。モデルにもよりますが、機械式時計はクォーツ式腕時計よりも約4~6万円代です。また、クオーツ時計は日時がずれることがほぼないですが、機械式時計は日差がでると言われています。


BROOCH時計修理工房では、オーバーホール(分解洗浄ポリッシュ加工(ケース・バンド)外装磨きだけでなく、電池交、コマ調整、バネ交換、バンド交換など、ありとあらゆる修理・作業を承っております。
また、修理だけでなくアンティークウォッチの販売、革ベルトの販売、ベルトオーダーなどの販売も行っております。
ベルト交換やアンティークウォッチの購入の際はBROOCH時計修理工房までお越しください。
大切な人から頂いた時計、思い入れのある時計、お使いの時計に不具合等ありましたら、是非一度ブローチ時計修理工房へお越しください。
ご相談だけでも承っております、お気軽にご相談下さい。

運営会社について

閉じる