BROOCHブローチ時計・宝石修理工房 > ブログ > 神田店 > 真鍮製(亜鉛と銅の合金)腕時計の古美加工の研究 BROOCH(ブローチ)時計修理工房神田店
スタッフブログ

ブローチ時計修理工房神田店の新人スタッフのWです。

本日は、真鍮製ケースの腕時計を古美加工させてカーキのミリタリーベルト
に似合うように加工を行った過程を紹介します。
(俳優のジェイソン・ステイサム氏が映画で使用するブランド:パネライ:PANERAIブロンズモデルには手が出ない!)
(この古美加工に関しては使用による経年劣化ではなく、意図的に加工したので補償対象外”になるそうです。)

①.真鍮は亜鉛と銅の合金であることを考え、亜鉛よりも銅を硫化させることでまだらで使い込んだようにする(希釈する割合を変える)。
真鍮古美加工1

②.硫黄と蒸留水を用い希釈。風防部分・およびケースバックのステンレス部分に付着しないように行う。
古美加工2


③.濃度の低い液体から塗布していく。ある程度均一に硫化してきたら高濃度→低濃度→磨きと行う。
エイジング3

④.最後に貴金属磨き(金・プラチナ用)を使用し、完成!(硫化しすぎた粗を取るため、10分くらい磨きます。)
エイジング完成

確かにカーキのナイロンベルトにマッチする色合いになりましたが、実際に使うことでエイジングすることが望ましいと思います。
しかしながら、当店で展示・販売させて頂いております、アンティークウォッチは、購入した時点から”こなれ感”を醸し出すことが出来るのも一つの利点と言えるのではないでしょうか。時計大好きなスタッフが全力でお客様のご要望に応えられるよう、頑張りますので是非!ご覧になるだけでも嬉しい限りですので、ご来店、お待ちしております。


BROOCH時計修理工房では、ポリッシュ加工(ケース・バンド)外装磨きだけでなく、オーバーホール(分解洗浄電池交、コマ調整、バネ交換、バンド交換など、ありとあらゆる修理・作業を承っております。
また、修理だけでなくアンティークウォッチの販売、革ベルトの販売、ベルトオーダーなどの販売も行っております。
ベルト交換やアンティークウォッチの購入の際はBROOCH時計修理工房までお越しください。
大切な人から頂いた時計、思い入れのある時計、お使いの時計に不具合等ありましたら、是非一度ブローチ時計修理工房へお越しください。
ご相談だけでも承っております、お気軽にご相談下さい。


 

 

 

運営会社について

閉じる