BROOCHブローチ時計・宝石修理工房 > ブログ > 万代シティ店 > 「新潟・万代(ブローチ)時計修理工房」今回は腕時計のベルト交換についてご紹介したいと思います。
スタッフブログ

いつもありがとうございます。
ブローチ時計修理工房万代店です。

ブローチ時計修理工房万代店です

今回は腕時計のベルト交換についてご紹介していきたいと思います。
皆様はご使用している時計のベルトを交換したことはありますか?
ある方、ない方いらっしゃると思います。

ベルトの種類は色々あります。
主に、腕時計のベルト素材には、革、メタルブレス、ファブリック、合成素材などがあります。
それぞれの素材によって、腕時計の雰囲気が大きく変わります。
イメージチェンジやオシャレにも活用できます。

当店ではベルトの種類もたくさんあるので、気分に合わせて選んでいただけます。

フルオーダーベルト

腕時計専用ベルト

ベルトのサイズが色々ございます。
時計師はお客様からお預かりした時計に合うサイズのベルトを確認し交換をします。

はじめての時計ベルト選びカンタン講座|時計ベルト・時計バンド専門店 mano a mano Woman【楽天市場店】

写真に載っている二カ所のサイズを確認し、そのサイズに合ったベルトをお客様にお見せします。
ベルトをお買い上げくださったお客様には作業台がかかりません。
ベルトを持ちこんで頂いたお客様には作業台として\550円(税込み)がかかります。

素材が違うベルトの交換も勿論可能です。

ロレックスベルト交換(交換前) →  ロレックスベルト交換(交換後)

この様に素材が違うベルトでも交換ができます。

次にベルトの種類をご紹介いたします。

1・革(レザー)

腕時計のベルトで、もっともスタンダードなのは革タイプです。
柔らかいため装着感がよく、種類豊富なのが良いところです。
素材には、牛革、カーフ(仔牛)、コードバン(馬のおしりの部分)、クロコダイル、オーストリッチ(ダチョウの背中の部分)、などがあります。

2・金属(メタルブレス)

スーツにもカジュアルな服装にも合わせやすく、使えるシーンが広いです。
ボリュームがあるため、多機能でスポーティーなタイプの腕時計にぴったりのベルトです。
また、耐久性が高く、傷ついてもコマの交換や研磨などで対応可能です。
お手入れも、クロスで拭くなどと、簡単にできるため、日常使いする腕時計にもおすすめです。

3・ファブリック(布やナイロン)

キャンバス、ナイロン、ポリエステルなどが使用された時計ベルトは、カジュアルな印象が強く、オフスタイルにぴったりです。
汚れた場合、素材によっては洗うこともできる。ファブリックのベルトに変えるだけで、腕時計の雰囲気ががらっと変わるので、イメージチェンジを楽しみたい方にもおすすめです。

4・合成素材(ウレタン樹脂やシリコンラバー)

ウレタン樹脂やシリコンラバーなどが使用され、弾力性があり、つけ心地が軽く、なじみやすい素材です。
カラーバリエーションが豊富で、カジュアルなシーンにぴったり。価格も比較的リーズナブルなので、気軽にイメージチェンジに挑戦できます。

いかがでしたでしょうか?
ベルトの素材はお客様の好みの素材と交換できれば良いですが、好みの商品が無かった場合取り寄せも出来ますのでベルト交換をお考えのお客様お気軽にブローチ時計修理工房に足をお運びください。

 

運営会社について

閉じる