BROOCHブローチ時計・宝石修理工房 > ブログ > 紫竹山店 > 時計を修理に出すか迷っている方へ
スタッフブログ

オーバーホールについて

BROOCH時計修理工房には、毎日沢山のブランド時計の修理を行っているのですが、その修理の中の一つオーバーホールについて説明していきます。
オーバーホールとは、機械式時計の整備のことを指しております。
時計内部のムーブメントをパーツ毎に一度分解して、パーツの洗浄、摩耗パーツの交換、組立、注油、精度調整と一通りの作業を行っております。
腕時計のオーバーホールは、調子良く使用できる状態に戻すことです。
ここで、ブログを読まれている方は何か疑問に感じませんか!?
腕時計って、メンテナンスのことをオーバーホールって言いうのかな!?
後で、説明致しますので、ここではメンテナスとオーバーホールは違うと言うことだけお伝えしときます。
オーバーホールを行う目安として、約2~4年の期間が目安です。
時計の種類や年代、防水性能の違いなどで若干異なってきますので、BROOCH時計修理工房で、オーバーホールを頼まれる際は、時計師にお聞きください!

時計の車検整備!?

機械式時計は、車やバイクに例えることができます。
自動車は2年一度車検があるように、整備をしないと車の場合、ブレーキが効かなくなったり、燃費が悪くなったりと次第に調子が悪くなっていき、最悪の場合は大きな事故に繋がって、車本体使えなくなってしまいますよね。このように、種類や大きさは全然違いますが、時計にも定期整備はとても必要なことなんですよ。
時計の場合は、整備を怠っていると、オーバーホールだけでは済まない状態になり高額修理になってしまったり、長期修理で国内では修理が出来ず、1年以上修理にかかってしまうこともあります。
また、最悪の場合修理が出来ないことにも繋がってしまいますので、定期的に時計の整備をお願い致します。

メンテナンスとオーバーホール

メンテナンスとオーバーホールは、どちらも時計修理に関する用語で、二つの大きな違いは、時計本体の内部を部品単位まで分解するか、しないかの違いです。
オーバーホールは上記でも説明したように、時計の内部を分解して、部品一つ一つまで、洗浄して状態を点検し、不良な個所があれば修理し、交換したりします。
内部を新品の状態にまで近づけるために、点検整備を行うので、作業が完了するまで時間と費用がかかり、専門的な知識と技術が必要になってきます。
逆に、メンテナンスは、時計を動作させるために行う軽作業になります。
部品を分解して、整備するオーバーホールと違って、電池交換や不良箇所のみの作業になるので、オーバーホールと費用や期間を比べると費用は安く、期間も短くなります。
一度見積もりだけでも、いいのでBROOCHに足をお運びください!
お客様に合った修理を提案させて頂きます。

運営会社について

閉じる