BROOCHブローチ時計・宝石修理工房 > ブログ > 阿佐ヶ谷店 > Philippe Dufour(フィリップ・デュフォー)独立時計師としての人生 BROOCH時計修理工房神田店
スタッフブログ

皆様、こんにちは。本日はちょっと変わった内容になるのですが、フィリップデュフォーという独立時計師をご存知でしょうか?彼は日本でもかなり有名なので知ってる方も多いと思いますが、私の大好きな独立時計師のひとりなので皆様にもご紹介していきたいと思います。

Philippe Dufourが独立時計師として脚光を浴びるまで

Philippe Dufour氏についての情報はネット上で数多く見られますが、以前デュフォー氏がWATCHES TVのインタビュー映像でおっしゃっていた内容はあまり記事になっていませんでしたので、ここでご紹介したいと思います。

(上の画像はBROOCH阿佐ヶ谷店内に飾ってあるランゲ&ゾーネの写真です。ちなみにDufour氏が持っているメーカーの時計はランゲとロレックスが1本ずつだそうです)

Philippe Dufour氏は1978年に独立するまで時計メーカー(ジャガールクルトなど)に勤務していました。その頃から自分ひとりでものづくりをしたいという想いが強かったそうです。そしてメーカー勤務の中で、数多くのアンティーク懐中時計、それも複雑機構を持つものの修理修復に携わるようになり、それらを修理しながら「今のように最新の機械や道具が無い時代にもこれほど高品質で美しいムーブメントが作れるのか」と思ったのがきっかけとなり後に独立を決断したそうです。

しかし1978年に独立して以降、デュフォー氏が独立時計師として時計界の注目をあびるのはそれから約14年後の1992年なのです。ではそれまでデュフォー氏はどのような時計師人生を歩んでいたのか。

彼は独立後まずはじめにグランソヌリ機構が搭載された懐中時計を製作したそうです。しかし業界からの評価はそこまで高くなく、時計の注文が来ることはありませんでした。そこで彼はオーデマピゲなどのメーカーにグランソヌリムーブメントを提供します。5年かけて5つのムーブメントを提供したそうです。しかし次第に「自分のために作りたい」という気持ちが大きくなり、メーカーへの提供は辞め、改めて独立時計師としての活動を始めます。

二度目の挑戦

注目を浴びる為にはどうしたらいいのかを考え、デュフォー氏はこれまで懐中時計にしか無かったグランソヌリを腕時計に組み込める事を決断します。約2年と6ヶ月、1日も休まず毎日12時間以上時計作りに時間を費やしたそうです。そして1992年にバーゼルフェアで発表したのがGRAND AND PETITE SONNERIE MINUTE REPEATER(グランプチソヌリミニッツリピーター)です。そしてこれがバーゼルフェアの技術部門金賞を受賞し、瞬く間にPhilippe Dufourというブランド、そして時計師としてのデュフォー氏の存在が知れ渡ります。

そこからは多くの方がご存知のように、Duality(デュアリティ)やSimplicity(シンプリシティ)を順に発表し、独立時計師として歴史に名を刻む人物となりました。まだまだ語り事は山ほどありますが、今日はこの辺で終わりにしたいと思います。

いかがでしょうか?あれほどまでに技術を持ったデュフォー氏でも認知されるために苦労があったとは個人的にとても驚きでした。

運営会社について

閉じる