BROOCHブローチ時計・宝石修理工房 > ブログ > 蒲田店 > アンティーク時計のROLEX OYSTER PRECISION(ロレックス オイスタープレシジョン)をご紹介いたします。
スタッフブログ

こんにちは、ブローチ時計修理工房蒲田店のスタッフNです。
今回は当ホームページでも販売しているROLEX OYSTER PRECISION(ロレックス オイスタープレシジョン)をご紹介いたします。
ROLEX(ロレックス) オイスタープレシジョン Ref.2635のオーバル型ケースです。

こちらは、1950年代に製造されたロレックスのプレシジョン、リファレンスナンバー2635、キャリバー1400を搭載した機械式(手巻き式)レディースの腕時計です。
ステンレススティール製のオーバル型ケースは外装磨きを行い、美しい光沢を放っております。
また、新品に交換されたブラックカラーのベルトの尾錠はロレックス純正のものを使用しており、ロレックスを象徴する王冠(クラウン)ロゴのワンポイント装飾が施されています。
さりげなくロレックスをアピールすることができますね!

ROLEX(ロレックス) オイスタープレシジョン Ref.2635ROLEX(ロレックス) オイスタープレシジョン Ref.2635

『PRECISION(プレシジョン)』とは

シリーズ名となっている「プレシジョン」とは英語で「正確な」という意味を持っていて、製造されてから70年近く経った現在でも正確に時を刻み続けており、その名に恥じることのない偉大さを感じます。
また、プレシジョン シリーズは2007年に姿を消してしまいました。
プレシジョンはスイスのクロノメーターの認定を受けておらず、認定がなくてもロレックス社独自の測定により高精度・高品質な腕時計であることを示しております。
2007年にはロレックスの腕時計すべてがクロノメーター認定されたため、プレシジョンの表記が消え、現在ではプレシジョンは極めて珍しい貴重な腕時計となりました。

機械式腕時計の駆動方式「手巻き式」

駆動方式は機械式時計の「手巻き式」になっていて、巻いたゼンマイで動く方式となっております。
ゼンマイは時計の3時の位置にあるリュウズと呼ばれる小さなネジをゆっくりと回して巻き上げます。
アンティークですが大きなキズや変色は無く、リュウズの動きも順調で時計の時刻合わせ・巻き上げも円滑に行えます。
お仕事、お出かけの支度の際など、リュウズを巻いてあげるときに感じるカチカチ…と音を奏で巻き上げる感触は時計の個性を感じることができ、愛着が湧いてきますね!

誰もが憧れるROLEX(ロレックス)…
日々頑張っているご自身へのご褒美に、もちろん贈り物用にも、いかがでしょうか。
アンティークの一点ものになりますので、是非お早めに。


少しでも気になられた方は、是非ブローチ時計修理工房 蒲田店へ実物も置いてありますのでお越しくださいませ。
お待ちしております。

ROLEX(ロレックス)

1905年、ロンドンでハンス・ウィルスドルフによって創設。
ROLEXの単語は上品な響きでどんな言語でも発音しやすい造語として1908年スイスのラ・ショー・ド・フォンに商標登録します。
当時、時計といえば懐中時計が一般的でしたが、ロレックスでは腕時計に着目し実用的な時計の開発に力を注ぎました。
その後、1926年に「世界初の防水ケース」として『オイスターケース』を開発し、1931年には自動巻き機能として『パーペチュアル』、1945年に0時丁度に日付が変更される日付表示機能として『デイトジャスト』を発表。
この3つの機能は機械式腕時計の基礎となっております。
レディースモデルは実用性と繊細さを兼ね備えたデザインとして世界中で愛されています。

運営会社について

閉じる