BROOCHブローチ時計・宝石修理工房 > ブログ > 蒲田店 > ROLEXの陸海空を代表する時計について紹介
スタッフブログ

今回ご紹介するのは、ROLEXについて紹介していきたいと思います。
現在時計の価値がどんどんと上がってきている中で、今も尚、過去のモデル、現行のモデルと根強い人気を誇るROLEX。

現在もロレックスの定番として人気を誇るエクスプローラーやサブマリーナー(1953年)、GMTマスター(1955年)1960年代には既に市場に並んでいました。現在(2022年)でも各種モデル進化を続けています。
今回は、ROLEXの陸海空の代表する時計についてご紹介致します。

陸を代表するロレックスといえば


陸と言えば、EXPLORER(エクスプローラー)になります。Explorerは日本語訳で冒険家になります。名前の通り冒険家のために開発された腕時計です。誰もが立ち入らない場所を冒険家達が装着して実際の環境テストを行ってきました。

ROLEX

ロレックス初心者から上級者まで幅広い層に人気のEXPLORER(エクスプローラー)。1953年と歴史あるモデルであるにも関わらず、デザインは大きく変化はしていないが、完成されたデザインは現代でも人気の地位を確立しています。EXPLORER(エクスプローラー)Ⅱは1971年に誕生したEXPLORER Ⅰの上位モデルになるのですが、どちらも高い人気を誇ります。スポーツモデルでありながらスーツスタイルに合わせても違和感がないのが人気に繋がっています。

空を代表するロレックスといえば

ダイバーズウォッチ同様に各社ブランドを背負って、力を入れて参入しているパイロットウォッチ。それだけ市場価値が高く人々を魅了する時計になります。

ロレックスの中ではGMTマスターとAir-king(エアキング)がパイロットウォッチとして区分けされています。

Air-king(エアキング)は、現行ロレックスの中では最も古い名称で知られています。

当初はドレスウォッチとして誕生したエアキングですが、2014年に一旦生産終了。その趣を大きく変えて2016年からはスポーツテイストを反映したモデルが戻ってきました。
名前の通り、AIRは、空中や大気を意味しているので、「空中の王」として空を制する時計としての位置付けもいいのではないのでしょうか。

海を代表するロレックスといえば、

ロレックスの中でも常に人気が高いサブマリーナー。現在までに作られるダイバーズウォッチの根幹であります。

サブマリーナーの上位モデルであるシードゥエラー。

防水性能はサブマリーナーが300mであるのに対し、シードゥエラーのコンプリケーションモデルであるディープシーにおいては驚異の3900mを誇ります。ダイバーズウォッチの中では最も高いスペックを誇ります。

ROLEX

ROLEXのオーバーホールならBROOCH時計修理工房までお越しください。

BROOCH時計修理工房では、ROLEXのオーバーホールを承っております。
ROLEXの時計が止まってしまったなどお困りごとがございましたら、BROOCH時計修理工房までお越しください!

 

運営会社について

閉じる