BROOCHブローチ時計・宝石修理工房 > ブログ > 神田店 > 【東京神田・ブローチ時計宝石修理工房】リューズのマークがすり減ってなくなってしまうのはなぜか
スタッフブログ

時計修理はブローチ神田店へお任せください

BROOCH(ブローチ)時計修理工房神田店です!神田のお近くで腕時計のメンテナンスのショップをお探しならぜひ当店におかませください!電池交換】や【オーバーホール】、【研磨(ポリッシュ)】【ベルト交換】など、お気軽にご来店ください。
さて、本日は「リューズのマークがすり減ってなくなってしまうのはなぜ?」についてのお話です。

リューズのマークがすり減ってなくなってしまうのはなぜ?

時計修理はブローチ神田店へお任せください

リューズのマークがすり減ってなくなってしまう原因は、時計と一緒にブレスレットなどのアクセサリーを着用している際にこすれあってしまうからです。お互いにこすれあって削れたりへこみができてしまうので、なるべく一緒には着用しないことをおすすめします。

皆様は「大切な時計」の行きつけメンテナンスショップはございますでしょうか。私たち人間も毎年健康診断を行うように、時計も調子のよくないところを定期的にメンテナンスしてあげることが大切です。時計に不具合が起こる前にメンテナンスを行うことでパーツの破損を防ぎ、長期的な目で見ると定期メンテナンスのコストも下げてくれますブローチ時計修理工房では、皆様の大切な時計を、熟練の時計技師がメンテナンスいたします。

運営会社について

閉じる