コーアクシャル脱進機

コーアクシャル脱進機

1978年イギリス人のジョージ・ダニエルズ博士が開発した脱進機のこと。3つのツメ石を持つアンクルや、2つのガンギ車が用いられるのが特徴で摩耗が少なく、注油がほぼ不要とされている。ガンギ一枚当たりの負担が少なれば当然壊れにくくなるなるため、オーバーホールの間隔も長くなる。

下の写真のように3つの車が重なったものもある。コーアクシャル・エスケープメントとも言う。