HAMILTON(ハミルトン) デュアルタイムのムーブ交換

修理ブランドHamilton ハミルトン

ハミルトン デュアルタイム ムーブメント交換 修理

 1990年代に発売され絶版となった人気モデルで、 インデックス内側にはレールウェイ(線路型)の目盛りが配され、クラシックで洒落た雰囲気に仕上がっています。

ふたつの異なった時刻を表示させることが可能で、海外旅行など現地時間と自国の時間を表示させるのに便利なモデルですね。

ハミルトンの魅力

なんといっても価格帯に比べての質の高さでしょうか。
ミドルレンジ(5~30万円程度)の腕時計であると、ハミルトンが頭一つ抜けていると思います。
特にH-10といった、ハミルトンとETA社が共同開発したムーブメントは質が非常に高く、パワーリザーブ80時間、時刻のずれも日差±15秒ほどと非常に質が高いです。
この価格帯でこの質が実現できるのはコストパフォーマンスが高いと言えるでしょう。
ハミルトンは有名人も愛用いていると聞きますから、個性的なデザインや本格時計としての質の高さから、幅広い方から人気を得ていると言えるでしょう。

依頼内容

HAMILTON(ハミルトン)の修理依頼を受けました。
「電池交換をしたが、下の時計だけ止まる事がある。」と相談を受けました。

ハミルトンのデュアルタイムを新潟市にある時計修理工房でムーブメント交換しました。

調べてみると、下の時計だけ回路に問題があるのか、発信が不安定でした。
こうなってしまうと、残念ながらオーバーホールでは対処できません。
コイルが切れかかって不安定なのか、電池からの漏液か。。
定かではないですが、ムーブメントの交換で対応したいと思います。
漏液による回路の故障はよくあるのです。。

上の写真は、一例ですが電池と接触する端子の部分に漏液の後がみられます。
この漏液による被害でムーブメントは機能を失います。
電池が止まり長い間放置してしまうとこのような漏液は、ほぼ確実に起こります。
時計は動かしている状態が一番時計にとって良いので、電池が切れたらなるべく早く交換していただきたいものです。

今回のように、代わりのムーブメントが見つかれば良いのですが、アンティーク又は限定品など希少価値の高い時計は純正品が手に入る保証は極めて低く、代替品も期待は出来ません。。

このような不測の事態が起こらぬよう、定期的なメンテナンスは是非お願いしたい所であります。

~ブローチ時計修理工房で行える修理・作業!~

当店では、オーバーホール、外装磨き、ベルト交換、ベルトの長さ調整(穴あけなど)、磁気抜き、水入り(ガラスの水滴)の除去・乾燥などの各種修理も承っております。また、破損した部品のお取り寄せして交換させていただくことも可能です。

~オーバーホール(分解掃除)とは!?~

オーバーホールというのは、単に分解し汚れを除去するだけではありません。
分解と同時に、歯車の状態やゼンマイ・バネ・ネジ(クオーツ時計の場合はインシュレーターや回路の動作チェックなど)に至るまで破損がないか診断し、油切れによる摩耗、擦れ跡など入念にチェックします。パーツに破損が無い限りは基本的に元のパーツをそのまま使います。
異常が見当たらなければ、組み直して行くのですが、その際に時計内部で負担のかかる箇所、例えば、常に動き続ける輪列、パーツとパーツが接触する部分。こういった箇所ひとつひとつに油を指していきます。細かな調整をくりかえし、時計内部に油が浸透していき、全パーツが組み上がった時、その時計は正確に時を刻み始めます。
クオーツ時計は価格帯もお買い求めやすく、普段使いに最適ですが、その分扱いもぞんざいになりがちです。ご自宅の電化製品からは磁気というものが放出されていて、その近くに時計を置いておくだけで磁気を帯び始めます。磁気を帯びてしまうと、正確な時間を刻むことが出来なくなっていきます。
クオーツ式時計のオーバーホール時期は7~8年と言われております。
安価で使い勝手が良く、電池で動くクオーツ式時計ですが、オーバーホールする事によってその寿命は長くなり、精度も上がります。

ご使用の時計に何かありましたら新潟市紫竹山のbrooch(ブローチ)時計修理工房へお越しください。

 

BROOCH時計修理工房 紫竹山店 新潟県新潟市中央区紫竹山3丁目8-33 TEL 025-246-0007

BROOCH時計修理工房 万代シティ店 新潟県新潟市中央区万代1丁目6−1 シティバスセンタービル 2F TEL 025-246-0007

ムーブ交換料金 ¥8,800(税込)