新潟の時計・宝石修理工房 > Seiko セイコー > CREDOR(クレドール)レディースのオーバーホール。

CREDOR(クレドール)レディースのオーバーホール。

修理ブランドSeiko セイコー

CREDOR(クレドール)レディース オーバーホール(分解掃除)修理

「電池交換をしても動かない。」という事でご相談を受けました。

調べてみると油も汚れオーバーホールが必要な状態でした。

写真では見えづらいですが、中央の赤い石に本来油が補填されているのですが、長年の使用により油が全くない状態でした。
油が切れてしまうと、電池も長く持たなくなりますし、最悪の場合パーツの破損につながります。
定期的なオーバーホール(分解掃除)は時計にとって必要不可欠なメンテナンスなのです。

オーバーホールとは、、、

オーバーホールとは時計内部のムーブメントを不具合がないか点検しながら分解・洗浄し、新品のを注油しながら元通りに組み立てていく作業のことを言います。人間で例えるなら「人間ドック」、車に例えるなら「車検」に当たります。
時計は長年使用することで油が劣化し、乾いてきます。また部品同士の摩擦によって生まれる汚れも溜まっていきます。これらが蓄積されていくことで、部品同士の摩擦は通常よりも大きくなり、負担がかかってしまいます。特に、焼き入れをしてある部品に強い摩擦熱が発生してしまうと、せっかくの焼き入れが戻ってしまい、強度が著しく低くなる場合もあります。歯車の歯にも大きな力がかかっていますので、最悪の場合、歯が欠けてしまうこともあります。
分解掃除をすることで、古くなって固着した油や汚れを取り除き、摩耗した部品を取り除くことができます。
腕時計にはクオーツや機械式をはじめさまざまな種類がありますが、ゼンマイを動力とする機械式の腕時計は構造が複雑で、時間の経過とともに防水性などの性能や時刻の精度が劣化していきます。そのため、時計を長持ちさせるには、4~5年程度を目安にオーバーホールに出すのが望ましいとされています。

クオーツ式の腕時計であっても、時計内部の部品は使用するうちに劣化していきますので、ブランドが推奨するタイミングでオーバーホールに出すと良いでしょう。 また、機械式・クオーツ式を問わず、仮に動作に異常がなかったとしても、腕時計の内部で部品の劣化や消耗が進んでいることがあります。その場合でもやはり4~5年に一度はオーバーホールをすることをおすすめします。オーバーホールをすると、時計のコンディションをベストな状態に戻せるので、寿命を延ばすことにもつながります。

クレードールのオーバーホールを新潟市にある時計修理工房で行いました。

ブローチ時計修理工房で出来る事!

当店ではオーバーホールと同時進行でポリッシュ加工(外装磨き)を施すことができます。
基本的にはバフモーターという機械を使い、磨いていくのですが、ズレたり凹凸が出来たりすると綺麗な仕上がりとは言えなくなるので、集中力を高めて作業します。

まずは、硬めのフェルトバフで全体のキズを取り除きます。この時の傷の取り具合がこの後に繋がっていくので大事な一段階目です。
あまり深い傷を追ってしまうと、形状自体が変わってしまう恐れがあるのでバランスも見ながら慎重に研磨していきます。
二段階目は、少し硬さを落とし、柔らかめのフェルトバフで磨いていきます。
この段階である程度の光沢を出します。この時、表面に凸凹が出ないよう注意しながら研磨していきます。
最後に、布バフで鏡面に仕上げます。バフの回転を上げ一気に仕上げます。
サテン仕上げはバフモーターの一番右にあるスポンジバフという筋の付くバフを使用します。斜めに筋が入らないように気を付けながらサテン加工を施していきます。この作業で鏡面仕上げとの綺麗なコントラストが決まるので重要な作業になります。

その他、ブローチ時計修理工房では、電池交換・ベルト調整(コマ取り、足し)・くもり除去・針の付け直しなど、様々な修理を承っております。
時計のことでお困りの際は、是非ブローチ時計修理工房までお越しください。

 

BROOCH時計修理工房 紫竹山店 新潟県新潟市中央区紫竹山3丁目8-33 TEL 025-246-0007

BROOCH時計修理工房 万代シティ店 新潟県新潟市中央区万代1丁目6−1 シティバスセンタービル 2F TEL 025-246-0007

オーバーホール ¥20,900(税込)
閉じる