HERMES HORLOGER(エルメス・オルロジェ)のコマ足し。

修理ブランドHERMES エルメス

オルロジェ・クリッパーはエルメスが生み出した代表的な時計です。ブレスレットにはエルメスの「H」があしらわれています。

 

今回は「サイズが小さくなってしまったので2コマ足してほしい。」という依頼でした。

 

エルメスの純正ネジ2本で時計ブレスレットの両サイドから留めるタイプのコマでした、こう言うネジ式のブレスレットのネジは専用接着剤を付けしっかり捻じ込み固定しないと、ふとした拍子にゆるんでしまいます。しかも通常使用中であればネジが取れたことがわからず紛失してしまう可能性も高くパーツ紛失してしまうと思わぬ高額となる可能性があります。

それにしてもエルメスのロゴ文字にも採用されるアルファベットのHをかたどったブレスレットは流石にファッション感度の高いブランド発の腕時計と言った所でしょうか、

 

今回はコマ足しだけでしたが、当店ではオーバーホールのご依頼も受け付けております。オーバーホールとはムーブメント(機械)をパーツ毎に分解して洗浄をかけ再度組み直します。 洗浄することによって古い潤滑油を洗い流し、新しい潤滑油をさすことによって出来るだけ新品の状態に近づけます。この方法はパーツに破損が無い限り基本的に元のパーツをそのまま使います。定期的なオーバーホールはパーツの保護にもつながります。

さらにポリッシュ加工を施すことも可能です。ポリッシュ加工とは簡単にいうとケースやブレスの表面を研磨することです。こうすることで表面の細かい傷が消え光沢が出て購入した直後のような美しい状態になります。

研磨にはバフモーターという機材を使います。

バフーモーター

こちらがバフモーターです。専用の研磨剤を使用してケースやベルト、風防などを研磨することができます。

ほとんどのブレスはポリッシュ加工(時計のケースやブレスレットが鏡のように物を映し出すほどの仕上げ方。主にバフモーターを使用し、職人の手作業により磨き込まれるのが一般的。鏡面仕上げとも呼ばれる。)とサテン加工(金属部分の表面に細かな傷を非常に狭い間隔で付けることにより、映り込みを無くし方向性のある艶消し面に仕上げる加工方法。絹地(サテン)に似た質感を施すため、そのように名付けられた)が施されており、ベルトひとつひとつをマスキングし、バラしながら行います。

 

機械式の時計は定期的な手入れをすれば一生ものであると言われています。もしお使いの時計に不調が出ましたら是非とも、一度ご相談にいらしてください。

 

 

コマ足し料金      ¥1.000