BROOCHブローチ時計・宝石修理工房 > ブログ > 万代シティ店 > 「新潟・万代(ブローチ)時計修理工房」Must de Cartier(カルティエ) TANKをご紹介します!
スタッフブログ

いつもありがとうございます。
ブローチ時計修理工房万代店です。

さっそくですが、問題です!皆様も一度は聞いたことがあるフランスの有名時計メーカーにして有名高級宝飾ブランドといえば、なにが思い浮かびますかね?

最近ではBLACKPINKのジスがカルティエのアンバサダーになったことでも話題になりました!

 

「HERMES」「CHANEL」「Louis Vuitton」など名だたる最高峰ブランドが思い浮かばれたかもしれませんが、正解はCartierです!

今回はCartierの人気ライン「Must de Cartier」のTANK タンクをご紹介いたします!

 

カルティエ 「タンク」とは

1917年にプロトタイプが製作され、そこから2年後の1919年に発売されました。公式資料では、創業一族のルイ・カルティエが、フランス・ルノー製の戦車FT-17軽戦車(厳密にはルノーFT)からインスピレーションを受け、上空から見た戦車の形状をスケッチしたと公式では伝えられています。車体を意識した四辺形のケースと左右のベゼルとラグが戦車のキャタピラーに見立たデザインとなっています。

タンクは時期としては第1次世界大戦の混乱の中生まれた時計となっており、最初のタンクもアメリカのヨーロッパ派遣軍総司令官「ジョン・パーシング将軍」に贈ったそうです。当時は女性がつけるブレスレットの一種でしかなかった腕時計を将軍という男性らしさの一つの象徴である方が着けることでイメージを変える目的もあったとされているそうです。

その後、ルイ・カルティエは1919年に製造した6本のタンクは全て一般販売に出し、翌年の1920年には33本も製造して、その後も生産量は増加し続けました。

そこからは皆様に親しまれるようになったロングセラーコレクションの一つとなった現在に至ります。

ケネディ大統領や現代アートの天才アンディウォーホルなどの数多くのセレブがタンクを愛用し、アンディウォーホルにはタンクを着けている際に、針が止まっていることが珍しくなかったという伝説も残されています。時間を知ることよりも「タンク」を着けるということが重要だったことが分かるエピソードですね!

 

当店でも販売しているCartier タンクをご紹介させていただきます!

ベルトは沙青を思わせる落ち着いた色合いのものに、文字盤がラピスラズリのような海や天空の深い蒼をおもわせる逸品になっています!最初に選ぶ時計や、気分を変えたい時などいかがでしょうか?

当店では、タンクなどの有名ブランドの修理や電池交換、その他些細な時計のお悩みもご相談を受け付けております!

気になったお客様は是非、BROOCH時計修理工房万代店まで足をお運びください!

新潟での時計修理はブローチへ

 

 

運営会社について

閉じる