BROOCHブローチ時計・宝石修理工房 > ブログ > 阿佐ヶ谷店 > カルティエ(Cartier) マストタンクとは 【東京阿佐ヶ谷・ブローチ時計修理工房】
スタッフブログ

カルティエ修理はブローチ時計修理工房へ

ブローチ時計修理工房阿佐ヶ谷店です。
本日ご紹介するのは「
カルティエ マストタンク」です。
1970年代、ルイシリーズのうちの一角として誕生したのがマストタンク。カルティエというとシルバーダイアルにローマンインデックスを配したデザインが多いですが、マストタンクの魅力のうちの一つは豊富なダイアルデザイン。インデックスのみならず、カラーバリエーションなど変化に富んだ様々な表情を楽しむことができます。ちなみに現行のカルティエウォッチはロゴにブロック体が用いられていますが、マストタンクは筆記体。一方でベゼルに無駄な装飾はなく、クォーツを搭載した薄型で、華やかなシーンにもシックなファッションにもエレガントな演出を可能に。近年ではレディースであってもスポーツラインが多い中、まさに由緒正しい正統派ドレスウォッチと言えます。カルティエが世界中のみなさんから支持を得られる理由は、こういったいつの時代にも通用する審美性のがあるからではないでしょうか。

カルティエ(Cartier) マストタンク
カルティエマストタンクのアンティークウォッチ

カルティエウォッチといえばタンクシリーズ。おしゃれなタンクフランセーズ、縦長なタンクアメリカン、薄型・フラットで上品なタンクソロ・・・ジュエラーらしく豊富に派生モデルを持っていますが、いずれもタンク―戦車―をモチーフとしたスクエアシェイプのケースが特徴です。

Cartierアンティークウオッチを販売中

カルティエオーバーホールはブローチへ

ブローチ時計修理工房阿佐ヶ谷店では、Cartierアンティークウオッチを販売中です。金文字でカルティエのロゴが入っただけの極めてシンプルな文字盤にゴールドの針がとても引き立つデザインで、上品でエレガントな雰囲気が感じられます。ケースはシルバー925の銀無垢に20ミクロンの厚いイエローゴールドをコーティングしたものです。リューズにはこの時計のシンボルでもあるブルーサファイヤが使われています。付属品はCartier刻印入りの外箱と取扱説明書になります。

おすすめの1本

カルティエアンティークウォッチはブローチへ

ルイ・カルティエ自身がデザインを手がけ、さらに自身も愛用していた「タンク・ルイ・カルティエ」シリーズ。ベルトを付け替えることのできるタイプがほとんどですので、中古にありがちな使用感も少なく済み、それでいて「カルティエ」というステータス性は申し分なし。初めてカルティエを持つ方にも、何本か所有していて、ちょっと違ったカルティエウォッチが欲しい、という方にもおすすめできるシリーズです。

 

運営会社について

閉じる