BROOCHブローチ時計・宝石修理工房 > ブログ > 蒲田店 > 【ブローチ時計修理工房蒲田店】クロノグラフその機能をご紹介。時計修理相談はブローチ時計修理工房まで
スタッフブログ

こんにちは。ブローチ時計修理工房蒲田店です。今回は知ってる様で良く知らない機能、クロノグラフについてお話致します。時計のデザインによってはプッシュボタンが付いているデザインがあります。秒や分や時を測る機能なのですが、時間を知るための腕時計にどうしてその様な機能が追加されたのか?簡単にですがご説明致します。

OMEGASpeedmasyer

時を測る機能、それがクロノグラフ


実は、クロノグラフは「クロノス(時間)+グラフ(記する)」の造語です。過去クロノグラフは「時間を書き留める」機能でしたが、現在は「経過時間を計る機能がついた時計」のことを言います。もっと簡単に言うと、クロノグラフはストップウォッチがついた時計という事です。

時計の基本構造として時針・分針・秒針と、時刻や日付を操作するリューズがついています。しかしクロノグラフは、その時計の基本的なスタイルに加え、「経過時間を表示するための針」である積算計、クロノグラフを操作するためのプッシュボタンがついています。クロノグラフの積算計は、「経過時間を表示する」役割があります。具体的に説明すると、通常、積算計は“0位置”で止まっており、クロノグラフを稼働させたときに動き出します。あとは、その積算計が示す時間を読み取ると、経過時間が分かるのです。

ブライトリング_横

存在する意味が変化していく機能


時を測るという行為は長い歴史を紐解けば人類史が始まってすぐからスタートしますが事クロノグラフの概念の発端となったのは18世紀頃のようです。先人達の試行錯誤の末、現在の形に収まり、そしてスマートホンの台頭により本来の役割は失われ別の、意味合いも強くなってきている昨今ですが、たった4㎝程のケースの中にとても複雑な機械が収まっている事はとてもロマンがある事だと思います。

BROOCH時計修理工房では、オーバーホール(分解洗浄ポリッシュ加工(ケース・バンド)外装磨きだけでなく、電池交、コマ調整、バネ交換、バンド交換など、ありとあらゆる修理・作業を承っております。ロレックスオメガ、等の舶来時計も大歓迎!また、修理だけでなくアンティークウォッチの販売、革ベルトの販売、ベルトオーダーなどの販売も行っております。ベルト交換やアンティークウォッチの購入の際はBROOCH時計修理工房までお越しください。大切な人から頂いた時計、思い入れのある時計、お使いの時計に不具合等ありましたら、是非一度ブローチ時計修理工房へお越しください。ご相談だけでも承っております、お気軽にご相談下さい。

 

 

運営会社について

閉じる