BROOCHブローチ時計・宝石修理工房 > ブログ > 阿佐ヶ谷店 > 【東京阿佐ヶ谷・ブローチ(BROOCH)時計修理工房】偉人が愛した時計【チェ・ゲバラ編】
スタッフブログ

偉人が愛した時計シリーズ今回は

チェ・ゲバラとロレックスをご紹介致します。

時計の修理完成

【チェ・ゲバラ】本名エルネスト・ゲバラはアルゼンチン生まれの政治家で指導者〈1928年6月14日1967年10月9日〉日本ではよくTシャツの絵柄になったりと日本での人気や知名度の高い彼ですがロレックスを身に着けた写真が幾つも存在します。彼が愛用した時計はロレックスGMT 1675 ×赤ベゼル。青と赤のベゼルが美しい時計です。

 

エルネスト・ゲバラ


チェ・ゲバラ」の愛称で周知されている彼ですが実は「チェ」はアルゼンチンやウルグアイなどで使われている「やあ」などの愛称での呼び方であり「チェ」は本名ではありません。彼は青年期にブエノスアイリスで医学を学びます。その時期にバイクで旅行した際に訪れた南米各国を回り見聞を広めました。大学卒業後も色々な国を巡った後グァテマラで医者の仕事をしている中女性活動家のイルカ・ガテアと出会い結婚。彼女の思想に共鳴し社会主義にのめり込んで行くことになります。その後メキシコに移り反体制派キューバ人のリーダーである、フィデル・カストロと出会い7月26日運動を率いてキューバのフルヘンシオ・バティスタ独裁政権打倒を目指すカストロに共感したゲバラは、このとき、一夜にして反バティスタ武装ゲリラ闘争への参加を決意したとされている。

ROLEX【ロレックス】GMT 1675


そんな彼が愛用していた時計がロレックスGMT1675だったと言われています。彼がロレックスのGMTを愛用した理由には諸説ありアフリカの各地やロシアなどの行き来により、第2、第3時間帯を把握する必要があった為GMTに信頼を寄せていた、また武器が必要になった時の資産として持っていたなどの説があるそうです。ではロレックスGMTとはどんな時計なのでしょうか?

航空パイロット向けに開発された


1955年に発表され、2つの異なるタイムゾーンの時刻を同時に表示できるよう設計されたGMTマスターは、本来は世界を縦横無尽に飛び回るプロフェッショナルパイロット向けのナビゲーション機器として開発されたとあります。特徴としてベゼルが2種類のタイムゾーンを設定できる事が挙げられます。ホームタイムとローカルタイムが分かる事で現在は旅行者には重宝される時計になっています。

値上がり続ける価値


現在はコロナの影響なのか価格が高騰し続けているた為、資産価値を見込んでの購入を検討される方もいらっしゃる程。手に入れる事が困難な状況になりつつあります。

今回の【偉人達が愛した時計】はチェゲバラとロレックスについてザックリとご紹介させて頂きました。興味が沸いた方は是非検索してみて下さいね。

運営会社について

閉じる