BROOCHブローチ時計・宝石修理工房 > ブログ > 神田店 > 革ベルトを長持ちさせるには【東京神田・ブローチ(BROOCH)時計修理工房】
スタッフブログ

BROOCH時計修理工房 神田店の外観こんにちは、ブローチ時計修理工房神田店です。今日はどうしたら革ベルトを長持ちさせられるか、ちょっとしたコツをご紹介したいと思います。

ベルトを変えてみる

日本の時計ファンにとっては、夏場の革ベルトも頭の痛い問題ですよね?できることならば夏は、革ストラップは避けたい、と多くの人が口を揃えるのです。汗で蒸れるのが不快であり、匂いも気になります。手入れも難しく、革も傷みやすくなる。気候の問題には正解はありませんが、ある程度の対応策はあります。1つは、外したらまずこまめに拭き、汗の塩分が残らないようにすることです。表側には、靴と同様にクリームを塗布することが重要です。そんなの面倒くさいよというお方は夏場には、別のバンドに交換してしまう、という手もありますね!スポーツタイプの腕時計を、ラバーベルトやベルクロなどのストラップに取り替えるのは、お洒落な裏技といえるかもしれません。がらりと雰囲気も変わりますので夏っぽいカラーにするのも良いですよね。

革にこだわりのある人

どうしても革にこだわりたい人は、市販されている耐汗パッドを裏革に貼るか、汗に強い材質の革ストラップへの変更を試してみてはどうでしょうか!最初から裏革に工夫が施され、革へのダメージを防ぐ工夫がされた革ストラップが、最近では開発されています。当店でもご用意があります。夏場だけの問題ではなく、革を長持ちさせるために効果的なのがDバックルです。ブレスレットでは主流ですが、革ストラップの高級腕時計の仕様としては1つの選択肢、というところでしょうか。革の穴にツク棒を通す尾錠とは異なり、最初からセットされた革ストラップを留める、中折れ構造のバックルです。3つの部分が互い違いに重なって留める3つ折り中留タイプと、左右対称に展開する観音開きタイプがあります。 Dとはこの機構を最初に生んだカルティエの「ブークル・デプロワイヤント( Boucle Deployante)」の頭文字に由来するようです。フランス語で「展開する」を意味する言葉の略です。英語ではディプロイメント・バックルといいます。Dバックルは脱着も容易で、尾錠と違って装着のときに革を曲げる必要が少ないため、革への負担が軽減されます。そのため高級皮革を採用したストラップには好んで使われてます。
神田店のベルト棚
このようにバリエーション豊富に取り揃えております。

神田店時計作業スペース
こちらで作業します。
BROOCH時計修理工房では、ベルト販売やバンド交換などの修理を致しております。また、アンティークウォッチの販売も行っています。オーバーホール(分解洗浄)、ポリッシュ加工(ケース、ベルト)の外装磨き、電池交換、コマ調整、バネ交換、お使いの時計に不具合等ありましたら、是非一度ブローチ時計修理工房へお越しください。ご相談だけでもぜんぜん構いませんのでお気軽にいらしゃってください。

 

運営会社について

閉じる