BROOCHブローチ時計・宝石修理工房 > ブログ > 神田店 > ジャガールクルト( JAEGER-LECOULTRE 1833)のご紹介 ブローチ時計修理工房神田店
スタッフブログ

ジャガールクルト、マスターカレンダーのフェイス
ジャガールクルト、マスターカレンダー
お客様からオーバーホールとケースの外装磨きをご依頼頂きました。

ジャガールクルト、マスターレヴェイユのフェイス
ジャガールクルト、マスターレヴェイユ
こちらもお客様からオーバーホールとケースの外装磨きをご依頼頂きました。
もちろんブランドの名前は知っていましたし、レベルソなどのケースがひっくり返る仕様の時計があるというのも雑誌などで見て知っていました。実物見るのは私ははじめてでしたのでとてもテンションがあがりました!それで改めてブランドについて調べてみることにしました。ドイツ系とフランス系が共存するスイスならではのブランド名。これをどうやって読むのかは世界中の時計好きの間でいまだに議論になるようです。本来なら Jaegerはドイツ語読みで「イェーガー」、 LeCoultreはフランス語読みで「ルクルトル」と発音すべきでしょうが、日本では昔からジャガールクルトと呼ばれてきました

ジャガールクルト( JAEGER-LECOULTRE 1833)について

16世紀に宗教弾圧を逃れフランスから亡命した新教徒の子孫A・ルクルト( LeCoultre, Antoine:1803-81)が1833年にヴォー州ル・サンティエで創業。彼の孫ジャック゠ダヴィドが、パリを拠点としていた時計師 E・ジャガー( Jaeger, Edmond:1858-1922)と先述したカルティエの仕事などを通じて1903年から協業を続け、37年にジャガー・ルクルトをブランド名に。ただし北米には’ 70年代までルクルト銘の腕時計が輸出されていました。カルティエといった一流ブランドの高度な注文に応えてきただけあって、開発力は圧倒的。 1200種以上もの名キャリバーに加え、反転ケースの「レベルソ」など今日まで残る数々の名モデルを産んできました。「クオーツ危機」の煽りを受けるも、91年にIWC、A.ランゲ&ゾーネとLMHを結成。2000年にLMHがリシュモンに入った後も、3軸で全方向に回転する「ジャイロトゥールビヨン」など画期的な機構を開発し続けています。  
現在は角型のレベルソと丸型のマスター、スポーツタイプのポラリスコレクションを中心に、幅広いモデルを展開。特に高度な複雑時計のコレクションはハイブリス・メカニカ銘打たれ、「マスター・グランド・トラディション・ジャイロトゥールビヨン・ウエストミンスター・パーペチュアル」(名称からしてすごいモデル感がでていますね。)などラーメンでいうところの全部乗せマシマシ的(例えが陳腐ですみません。)なこれでもかといわんばかりの度肝を抜くモデルが並んでいます。


BROOCH時計修理工房では、ジャガールクルトを始めドイツメイドのブランドのオーバーホール(分解洗浄)、ポリッシュ加工(ケース・バンド)外装磨き電池交、コマ調整、バネ交換、バンド交換など、ありとあらゆる修理・作業を承っております。
また、修理だけでなくアンティークウォッチの販売、革ベルトの販売、ベルトオーダーなどの販売も行っております。
ベルト交換やアンティークウォッチの購入の際はBROOCH時計修理工房までお越しください。
大切な人から頂いた時計、思い入れのある時計、お使いの時計に不具合等ありましたら、是非一度ブローチ時計修理工房へお越しください。
ご相談だけでも承っております、お気軽にご相談下さい。

 

運営会社について

閉じる