BROOCHブローチ時計・宝石修理工房 > ブログ > 阿佐ヶ谷店 > 腕時計に石(ルビー)を使用している理由とは【東京阿佐ヶ谷・ブローチ(BROOCH)時計修理工房】
スタッフブログ

阿佐ヶ谷でオーバーホールはブローチへ
ブローチ時計修理工房阿佐ヶ谷店です。当店では、店内に工房があるため時計修理作業をご覧いただきながらお待ち頂く事が可能です。自分の腕時計の中をみてみると、ルビーやサファイアの石がみられることがあります。「腕時計の中にルビー!?」と驚かれる方もいらっしゃるのですが、実は「石」は腕時計の重要なパーツのひとつなのです。


時計に石が必要な理由とは?

カレラヘリテージのテンプにネジが引っかかりストッパーになっていたようです

時計機械の歯車やテンプの軸が入る部分には、摩耗を防ぐためにルビー(人口ルビー)が使われています。腕時計好きの方にはご存じの方も多いですよね!軸は回転しているため、その軸と接する部分には多かれ少なかれ衝撃と摩擦が生まれます。そのため、耐摩擦性に優れた硬質なルビーが使われているわけです。ここを油の皮膜で保護をして、油を長く保ちながら常に正確に歯車等の部品を動かしています。軸以外にアンクルの爪など磨耗しやすい部分にも石を使用するケースが多いです。
一般的に複雑な高級時計のほど多くの石が使われています。なぜなら、複雑になればなるほど歯車の数が多いので、その分石も多く使われていることが多いからです。
通常、「17石」あれば機械的に問題ないと言われています。複雑時計ならばさらに石数が増えます。高級時計を選ぶ際は、石数にも注目してみると、各メーカーのこだわりも楽しめますね!


腕時計修理はブローチ時計修理工房にお任せください
ブローチ時計修理工房阿佐ヶ谷店内装

阿佐ヶ谷・荻窪・中野・新宿のお近くで「ロレックス」「カルティエ」「オメガ」「タグホイヤー」「グランドセイコー」等の腕時計のメンテナンスショップをお探しならぜひ当店におかませください。【電池交換】や【オーバーホール】、【研磨(ポリッシュ)】【ベルト交換】など、腕時計修理全般を承っております。他店で断られた腕時計もお気軽にご相談ください。

運営会社について

閉じる