BROOCHブローチ時計・宝石修理工房 > ブログ > 蒲田店 > 印象が変わる、文字盤カラーについて②【東京蒲田・ブローチ(BROOCH)時計宝石修理工房】
スタッフブログ


ROLEX ロレックス修理事例
BROOCH(ブローチ)時計修理工房蒲田店です。先日、腕時計の文字盤カラーについてご紹介させていただきました。今回は前回ご紹介できなかったカラー文字盤をご紹介いたします。腕時計の印象を左右する文字盤、腕時計を購入する際の1つのキーポイントともなります。


オレンジ文字盤
セイコー(SEIKO) 7S26-0350 ダイバーズウォッチの時計のオーバーホールまたは修理をご希望でしたらbrooch時計修理工房にお持ちください

SEIKO セイコー修理事例
オレンジの文字盤は第一印象に残ります。エネルギッシュでインパクト抜群ですね。全身コーディネートでみるとオレンジ色がアクセントになってカッコいいです。

ピンク文字盤
グッチのオーバーホールは新潟市にあるブローチ時計修理工房まで!

GICCI グッチ修理事例
ピンク文字盤は、女性らしい上品なイメージを際立たせてくれます。ピンク文字盤は華やかな印象ですが、身につけると肌になじむため洋服とも合わせやすいです。薄いピンクシャツにピンク文字盤の腕時計を合わせるのがよりオシャレに見えてスタッフおすすめ!

ブラウン文字盤

コーチ(COACH)の腕時計のオーバーホール
COACH コーチ修理事例
ブラウンは茶色ですが、黒に近いものからオレンジに近いものなど幅が広くあります。色味によって「落ち着いた印象」や「明るいイメージ」になるブラウンは、赤や黄色のような明るさではなく「自然と腕に馴染む色」です。落ち着いていてあか抜けた印象ながらも使いやすく、お洒落な方から人気です。

腕時計の印象を左右する文字盤カラー。自分にはどの色味が合うか、楽しみながら選びたいですね。


腕時計修理はブローチ時計修理工房へ

蒲田で時計修理はブローチ時計修理工房にお任せを
皆様には大切な腕時計に困りごとがあった際のメンテナンスショップはございますでしょうか。蒲田・品川・大森・川崎・田園調布周辺でロレックス」「オメガ」「カルティエ」「セイコー」「グッチ」「コーチ」等、の修理はブローチ時計修理工房にお任せ下さい。他店にて断られた時計も修理を承っております。お気軽にご来店くださいませ。

運営会社について

閉じる