BROOCHブローチ時計・宝石修理工房 > ブログ > 蒲田店 > 腕時計のケースにはどんな種類があるの?
スタッフブログ

こんにちは、神田店のスタッフNです。
突然ですが、みなさん腕時計の形を思い浮かべてみて下さい。
おそらく、丸い形が浮かんだのではないでしょうか。
腕時計売り場に並んでいる腕時計のほとんどは丸い形なので、当然のことだと言えるでしょう。
しかし、腕時計の形には丸形の他にも様々な種類があります。
今回は腕時計のケースの形の種類とそれぞれの特徴についてまとめてみました。
是非、腕時計選びのご参考になればと思います。

基本形の万能選手『ラウンド型』

針のデザイン、メルセデス

〔写真はROLEXのGMT-MASTERⅡ〕

腕時計の定番ともいえる『ラウンド型』のケースは、丸形のケースのことをさします。
基本中の基本といえるシンプルな形状で、中央から外周部分までの距離が均等なので、気密性に優れ、ダイバーズウォッチなどのハードな使用向けの定番のデザインとなっています。

幾何学的な装飾様式『スクエア カレ』

〔写真はCARTIERのサントス〕

腕時計のケースの形である『スクエア型』は1930年頃に大流行した幾何学的な装飾様式で、アールデコの流行から影響を受けて誕生して以来、今でも多くのファンを獲得しています。
サイズが大きくなる事で無骨さが増し非常に男性的な魅力を持ち、メンズの腕時計として大変人気ですが、小さなスクエア型ケースは繊細な雰囲気を演出するので女性からも支持されています。

幾何学式の長方形『レクタンギュラ―』

カルティエのオーバーホール外装磨き電池交換パッキン交換は新潟万代ブローチ時計修理工房

〔写真はCARTIERのタンク〕

スクエア型と同時期の1930年代に大流行したアール・デコの影響を強く受けたデザインで、幾何学様式の長方形をベースに作られたケースです。
スクエア型の男らしさとトノ―型のドレッシーさを併せ持ち、高級感のあるデザインが多くの人気を獲得しています。
代表的なモデルには、カルティエのタンクシリーズが挙げられます。
ジュエリーブランドならではのエレガントなデザインがとても魅力的です。

樽を模した形『トノ―』

FRANCK MULLER(フランクミュラー)電池交換

〔写真はFRANCK MULLERのトノウカーベックス〕 

トノ―型の名前の由来は「フランス語で樽」の事で、樽を模した形の腕時計のケースを『トノ―型』と言います。
この形状の腕時計のケースは、ドレスウォッチに採用されることが多く、ブランドの顔とも言える定番モデルが多く作られ、そのブランドごとの特色を強く押し出したデザインが高い人気を獲得しています。
トノ―型といって初めに思いつくのは、なんといってもフランクミュラーですね。
「トノ―=フランクミュラー」というようなブランドの代名詞となっています。

今回は、代表的なケースの形状の4種類とそれぞれの特徴をご紹介いたしました。
みなさまの腕時計選びの参考になれば幸いです。

ブローチ時計修理工房では、腕時計の電池交換・コマ調整・バネ交換・バンド交換などの作業や、オーバーホール(分解掃除)、ポリッシュ加工(外装磨き)、湿気や水滴が入ってしまった時計の乾燥などありとあらゆる修理を承っております。大切な人から頂いた時計、思い入れのある時計、時計それぞれのストーリーがあるかと思います。お使いの時計に不具合等ありましたら是非一度ご相談だけでもブローチ時計修理工房へお持ちください。

運営会社について

閉じる