BROOCHブローチ時計・宝石修理工房 > ブログ > 蒲田店 > 腕時計の針ってどんな種類があるの?
スタッフブログ

こんにちは!
BROOCH時計修理工房蒲田店のスタッフNです。
腕時計の針のデザインには、文字盤に乗せた際の『視認性』を高めることができるかが重要であり、ドレスウォッチ・スポーツウォッチ・ミリタリーウォッチ・クロノグラフと様々な時計の形状の雰囲気に合うかも重要になってきます。
実用性はもちろんの事、ファッション性にも関わっているのが時計の針のデザインと言えるでしょう。

そこで今回は腕時計の針のデザインにはどんな種類があるのかを調べてみました!

ベーシックな針のデザイン 『バー』

針のデザイン、バー

最もシンプルかつベーシックな針デザインがこちらの『バー』タイプです。
ROLEX(ロレックス)のモデルに数多く採用されてるのでお馴染みかとは思われますが、クセがなくシンプルなデザインになっており、ドレスウォッチ・スポーツウォッチ問わず、様々なモデルに採用されています。

シンプルな基本形の針のデザイン 『ペンシル』
針のデザイン、ペンシル

指針の先の形状がペンのような形をしていることから『ペンシル針』と名付けられた見かける機会が多い針のデザインです。
デザイン的に夜光塗料を塗りやすいこともあり、ミリタリーウォッチにもよく採用されております。
『バー』タイプと同様、基本的な針の形状なので数多くのブランドに使用されています。

美しさに重きを置いた針のデザイン 『スペード』

針のデザイン、スペード

針の先端部分がスペードマークになっている針『スペード』。
先が尖っており、視認性が優れ、美しい針のデザインです。
この『スペード針』は美しさに重きを置く時計ブランドのフランクミュラーユリスナルダンによく採用されております。

ドレスウォッチに幅広く採用される針のデザイン『リーフ』

針のデザイン、リーフ
その名の通り、リーフ(葉っぱ)のようなデザインから、『リーフ針』と名付けられた伝統的な針です。
細身で優雅な印象であるリーフ針は様々なドレスウォッチに採用されています。

シンプルかつエレガントな針のデザイン『バトン』

針のデザイン、バトン
幅が細く、棒状で先が尖った形状の針を『バトン針』と呼びます。
カルティエの腕時計の針のデザインによく採用されていて、加工に手間のかかる青く焼かれたブルースティール加工が施されているパターンが多いです。

スポーティーな印象の『メルセデス』

針のデザイン、メルセデス

ロレックスのスポーツモデルに採用されている画期的な針のデザインの『メルセデス』。
時針の先がベンツのロゴ”スリーポインテッドスター”によく似ていることから、この名前が付けられました。
また、『メルセデス針』は『ベンツ針』とも呼ばれています。
本家のメルセデスベンツとは直接関係は無いそうです。

個性的で大胆な針のデザインの『イカ針』

チューダー(チュードル)のヘリテージブラックベイに搭載されている人気のイカ針。
その名の通り、イカの耳(ヒレ)のように見えることから『イカ針』と呼ばれるようになりました。
私はイカの三角の部分は頭だと思っておりましたが、正しくは「ヒレ」です。(エンペラとも呼ばれます)
話が少し逸れましたが、このイカ針は他に時計にはあまり見られない個性的なデザインです。
ロレックスとは兄弟関係のチューダー(チュードル)ですが、ロレックスにはない個性を持つ為、あえてロレックスではなくイカ針搭載のチューダー(チュードル)を選ぶ方も多いです。

天才時計技師が考案した針のデザイン『ブレゲ針』

針のデザイン、ブレゲ針

天才時計技師アブラアン・ルイ・ブレゲが考案した三日月形の装飾が施された針が『ブレゲ針』です。
このブレゲ針は、先端がくりぬかれているタイプとくりぬかれていないタイプがあります。
現在では数多くの時計メーカーで取り入れられている人気のデザインの針です。

矢印のような針のデザイン『ブロードアロー』

針のデザイン、ブロードアロー

指針の先が矢印の形になった特徴のあるデザインの針です。
元は英国軍の時計に使用された軍用時計が由来です。
この『ブロードアロー』も数多くの現行モデルに採用されております。

スタイリッシュな印象を与える菱形の針デザイン『アルファ』

針のデザイン、アルファ針

このアルファ針は先端と中心軸の両方に向かって細くなっているのが特徴で、名称の由来はギリシャ語のアルファベットで1番にあたる『アルファ』からです。
また、最大幅が先端にくる「剣」のようなデザインもあれば、中心軸に近いところに横幅のピークが来るデザインもあり、様々なバリエーションがお楽しみいただけます。

 

まとめ

腕時計にはよく見てみると様々な針のデザインが存在します。
同じタイプの針でもブランドによって細かなデザインの違いがあるので、「視認性の良さ」で選ぶか、また「見た目のデザイン」で選ぶか、迷いの種ではございますが、こだわりポイントとして重要な点と言えるでしょう。
今回は種々多様な腕時計の針のデザインについて調べてみました。
今後の時計選びの1つのポイントとして針のデザインにも注目して頂けたら幸いです。

腕時計修理はブローチ時計修理工房へ

皆様には大切な腕時計に困りごとがあった際のメンテナンスショップはございますでしょうか。蒲田・品川・大森・川崎・田園調布周辺でロレックス」「オメガ」「カルティエ」「セイコー」「グッチ」「コーチ」等、の修理はブローチ時計修理工房にお任せ下さい。他店にて断られた時計も修理を承っております。お気軽にご来店くださいませ。

運営会社について

閉じる