BROOCHブローチ時計・宝石修理工房 > ブログ > 神田店 > 時計のインデックスとは?
スタッフブログ

こんにちは、神田店のスタッフNです。
「インデックス」とは直訳すると「索引」「指数」「指標」「見出し」という意味なのですが、時計の用語の一つに『インデックス』という言葉があります。
今回はその『インデックス』ついて調べてみました。

時計の『インデックス』とは?

時計において『インデックス』とは、腕時計の文字盤にある「時」や「分」を指す数字や目盛りのことをさします。
その数字にはローマ数字やアラビア数字が使われる事が多いですが、その他にも様々なタイプが存在します。
また、数字だけではなくマークや棒などが使われるものもあれば、数字や目盛りなどが全くないフラットなデザインのものもあります。
こういった『インデックス』のデザインも、時計のブランドの個性や価値を決めるポイントの一つになっているのです。

時計の定番のインデックスの種類 『アラビアン』

腕時計の定番として多く見られるのが、アラビア数字の『アラビアン』のインデックスです。視認性が良く、時刻を確認しやすいので、スポーツウォッチやパイロットウォッチに良く採用されています。様々な書体があり、多様性のあるインデックスです。

白い盤面に青い針がかっこいいタグホイヤーカレラ

クラシカルな印象のインデックスの種類 『ローマン』

クラシックなドレスウォッチに多く使われているのが『ローマン』と呼ばれるローマ数字のインデックスです。
ローマ数字から表現される上品な雰囲気は、ドレスウォッチの上品さをより一層際立たせます。
カルティエの腕時計のインデックスに良く採用されています。

ULYSSE NARDIN(ユリスナルダン) メンズアンティークウォッチA1180

シンプルで視認性の良いインデックスの種類 『バー』

写真はロレックスのオイスターパーペチュアルです。

視認性とデザイン性を両立させた、棒状のデザインのインデックスです。
また、『アラビアン』や『ローマン』との組み合わせにより、一瞬での視認性をさらに高めるインデックスの種類です。

大小で名称が変わるインデックスの種類 『ドット』

ダイバーズウォッチに多用されているインデックスの種類で、大きいものは『ポイント』、小さなものは『ドット』と呼ばれています。

CREDORの外装の細かい傷は磨くことできれいになります。

逆三角形のインデックスの種類 『トライアングル』

その名の通り、逆三角形デザインのインデックスです。位置を分かりやすくするために、12時の位置に逆三角形で設置されています。

オメガ正面画像

その他にも、ダイヤモンドや宝石をインデックスにあしらった宝飾インデックスもラグジュアリーな印象を与えます。

ROLEX

まとめ

インデックスにはいろいろな種類がありますが、視認性を重視するのか、デザイン性を重視するのか、インデックスにも注目してみると、こだわりのポイントの一つになりますね。

お気に入りの腕時計のインデックスが取れてしまった…そんな時は

BROOCH時計修理工房にお任せください

腕時計の電池交換・修理はブローチ時計修理工房神田店へ

ブローチ時計修理工房では、取れてしまったインデックスの取り付けはもちろん、オーバーホール(分解清掃)、ポリッシュ加工(外装磨き)、電池交換、コマ調整、バネ棒交換、バンド交換など、様々な時計の修理・作業を承っております。
日頃お使いの時計、思い入れのある時計、しまったままになっている時計に不具合などございましたら、ぜひ一度ブローチ時計修理工房へお越しください。
もちろんご相談だけでも承っておりますので、お気軽にお越しください。

運営会社について

閉じる